top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

パリの凱旋門が巨大なアートに変身!「見る者全員がハッピーになれる」

エンタメウィーク(動画)

パリの凱旋門が巨大なアートに変身!「見る者全員がハッピーになれる」



フランスのパリにある凱旋門を布でくるむアートが完成し、数多くの観光客を楽しませています。

9月18日、約2か月かけて進められていた、凱旋門を25000平方m以上の布でくるむアートがついに完成。銀色の布ですっぽりと覆われた凱旋門は光の角度によって陰影が生まれ、いつもとは違う雰囲気になっています。

これはさまざまな建物を布で包むアートに携わってきたブルガリア出身の芸術家クリスト氏が計画。去年9月には完成予定でしたが新型コロナウイルスの影響で延期になり、その間にクリスト氏は亡くなっていました。その後、計画をクリスト氏の甥たちが受け継いでアートが完成。甥のヴラデゥミル・ヤバシェフ氏は「叔父の熱意とエネルギー、批判精神や意見はどれもかけがえのないもの。彼がここにいないことが一番悲しい」とコメント。

巨大なアートとなった凱旋門を見に来た人は「見る者全員が魅了され、ハッピーな気分になれる。これぞ芸術です」と話していました。





話題のニュースをもっと観る


TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル