top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

吉沢亮『青天を衝け』で気付いた草なぎ剛との色濃き関係

女性自身

吉沢亮『青天を衝け』で気付いた草なぎ剛との色濃き関係

「明治になってからせりふが難しい! 経済の話になると聞きなれない単語が多く、ちんぷんかんぷんです。服装をはじめ和から洋にどんどん変わっていくので、あんばいが難しいです」

 

そう話すのは、大河ドラマ『青天を衝け』(NHK総合/日曜日20時〜、BSプレミアム・BS 4K/18時〜)で主人公・渋沢栄一を演じる吉沢亮(27)。

 

激動の明治時代に突入し、終盤に向けて物語は加速。現場の雰囲気も大きく様変わりしているようだが、そんななかでも変わらないのが栄一と慶喜(草なぎ剛・47)の関係だろう。

広告の後にも続きます

 

「慶喜が将軍職を退いて一般人になっても、栄一の慶喜への尊敬の念は変わりません。栄一と喜作(高良健吾・33)、栄一と円四郎(堤真一・57)など、いろいろな人との関係性を描いている作品だと思いますが、栄一と慶喜の関係性はいちばん色濃く残っていく気がします」

 

それは慶喜を演じる草なぎと吉沢の関係性にも近いと話す。

 

「草なぎさんは小学生のときから見ていた大スターです。栄一の慶喜に対する尊敬と、僕、吉沢亮が草なぎさんに感じている尊敬の念みたいなものは、形は違うかもしれないけどリンクしているような気がします。役者としてすごい方、という思いがあってそこへの憧れというか。この関係性がお芝居に自然と出ればいいなと思っています」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル