top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アマゾンの配送センターには週に1度、ヤギさんたちが出勤してくるらしい

Jタウンネット

コロナ禍で、今まで以上にAmazonのお世話になるようになった人は少なくないだろう。

家から一歩も出なくても、たいていのものはゲットできる。それもこれも、Amazonで働いている人がいればこそ。

そして、Amazonで働いているのは、実は人間だけではない。

これは、アマゾン・ドット・コムの日本法人アマゾンジャパンの公式ツイッターが2021年9月9日に投稿した写真である。

写真とともに呟かれているのは、こんなコメント。

「岐阜県 多治見フルフィルメントセンターにはヤギの同僚がいます」
(編注:多治見フルフィルメントセンターとは、アマゾン独自の配送センター。以下、「多治見FC」)

広告の後にも続きます

写真を見る限り、ヤギたちはのんびり草むらを歩き回っている様子。

彼らはいったい何の仕事をしているのだろうか。

Jタウンネット記者は21日、アマゾンジャパンを取材した。

当日に出勤を嫌がるヤギも…

実は、ヤギたちが行っているのは「エコ除草」。

多治見FC(岐阜県多治見市)の敷地のうち、約3500平方メートルの範囲の草を食べて除草してくれるのだ。

農業生産法人・有限会社FRUSIC(同・高山市)の協力の下、2013年に導入され、20年には新型コロナの影響で「出勤停止」となったものの、21年6月から再開されている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル