top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

蛭子能収、NHKの番組取材中に明らかになった認知症の症状「書いたこと忘れてる」

Quick Timez

画像:時事通信フォト

昨年に、テレビ番組内で認知症を発症している事実を公表した漫画家・蛭子能収さんが21日、「あさイチ」(NHK総合)に登場。

すると、カメラの前で明らかになった認知症の症状に視聴者が騒然とする事態が。

蛭子能収、カメラの前で明らかになった認知症の症状「出てるっけ?」

21日、昨年健康番組内で認知症を発症していることが明らかになった漫画家・蛭子能収さんが「あさイチ」(NHK総合)に登場。

認知症を公表したことについて自身の思いを語りました。

広告の後にも続きます

昨年7月、テレビ東京の「主治医が見つかる診療所」に出演した際、レビー小体型認知症とアルツハイマー型認知症の合併症が発覚した蛭子さん。

今年に入り、「認知症になった蛭子さん」という自著を発売するなど、認知症発症を積極的に公表してきたことについて「公表とか迷いはなかったと思います」と断言。

その理由として「あんまりそういうの秘密にするのもおかしな話だし、隠し事は好きじゃないです」と述べ、「みんな真剣に生きてるわけですから」とカメラの前で語りました。

一方、「って言いながら隠し事、俺が一番多いかもしれない」とギャンブルで損したことや、その金額は隠していたことなども打ち明けスタッフを笑わせる「蛭子節」も。

しかしここで以前と変わらないように見えた蛭子さんに、ある認知症の症状が。

スタッフから前述の自著について尋ねられた蛭子さん。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル