top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

Twitter8万いいねの「保護猫絵本」。作者が語る《制作秘話》に胸がアツくなった

笑うメディア クレイジー

1 2 3 4 5 6 7 様々な理由で行き場を失った猫が、新しい飼い主と出会うまで過ごす仮の住まいである犬や猫たちの保護施設。

動物保護団体Reef Knotが実話を元に製作した絵本『おれは待っている』では、主人公である保護猫カズマが、そんな仮の住まいでまだ見ぬ誰かをずっと待ち続けていました。

あらすじ


twitter.com@reef__knot

その日も「誰か」を待っているカズマ。しかしやって来るのはカズマのお世話をしてくれる施設の職員でした。期待が外れたカズマは次に自分の元を訪れる誰かを再び待つことに。


twitter.com@reef__knot

しかし、次から次へとカズマの元にやって来るのは新入りの猫たち。彼らはカズマが待っている「誰か」ではありません。

広告の後にも続きます


twitter.com@reef__knot

三毛猫や新入りの子猫が自分にすり寄って来ても、決して心を開かないカズマ。彼が待つ「誰か」とは一体どこにいるのでしょうか?


twitter.com@reef__knot

かつて大好きな人と一緒に住んでいたというカズマ。しかし気付いたら施設に連れて来られ、月日が流れ今では施設にいる猫たちの大先輩。一番の古株になっていました。


twitter.com@reef__knot

すでに13歳のカズマは、年を取り過ぎたせいで自分が待つ「誰か」に会えないのだと思い始めます。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(ネタ)

ジャンル