top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

専門医伝授「骨盤底筋の再生トレーニングで頻尿ケア」

女性自身

専門医伝授「骨盤底筋の再生トレーニングで頻尿ケア」

「閉経後の女性によくある尿もれや、頻尿、膣萎縮による陰部の不快感といった悩みは、〈命にかかわるわけではない〉として、軽視されてきました。しかし、’14年に“GSM(閉経関連尿路生殖器症候群)”と名前が付いて以来、医師たちの受け止めも変わってきました。閉経後の女性のQOL(生活の質)を改善する大事な治療として、相談できる医療機関も増えています」

 

こう話すのは、女性医療クリニックLUNAグループの理事長で、泌尿器科医の関口由紀先生(57)。関口先生は「50歳未満はお断り」を掲げ、女性ホルモンの低下によって生じる女性特有のさまざまな悩みに対応するクリニック「LUNAネクストステージ」を運営している。

 

「長引くコロナ禍で運動不足になり、筋力の衰えが目立つ女性が増えています。うちのクリニックにも“骨盤底筋”の衰えによる“尿もれ”や“頻尿”のお悩みを相談にいらっしゃる患者さんが増えました」

広告の後にも続きます

 

関口先生が、数多くの更年期以降の女性を診ていて気になるのが、GSMの原因のひとつとなっている骨盤底筋の衰えだ。

 

「骨盤底は、骨盤の底にあり子宮や膣・膀胱などを支えているプレートです。骨盤底筋はこのプレートを構成する筋肉のこと。骨盤底筋は妊娠や出産でもダメージを受けるのですが、40代を過ぎて女性ホルモンが減少してくると、徐々に皮下組織のコラーゲンが減って弾力がなくなっていく。閉経を迎えると、これが加速して“尿もれ” “頻尿” “膀胱炎の再発” “陰部の違和感” “性交痛”などの要因になるのです」

 

関口先生は、「すでに尿もれなどの症状がある方でも、あきらめる必要はない」と、こう続ける。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル