top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「JR西日本を表現する木」が見るも無残な姿に… なぜこんなことに?駅長に真相を聞いた

Jタウンネット

JR西日本の福塩線・府中駅(広島県府中市)には、こんな看板がある。

「まごころの木」と名付けられた、駅の中にあるクスノキを紹介するものだ。

なんでも、クスノキは近畿・中国地方で多く生産され、「生長こそ遅いが徐々に立派な大木となり価値ある木となっていく」とのこと。

その木を植えることによって、

「JR西日本が地域と共に手堅く着実に立派に大きく成長し価値ある企業であることを表現」

しているらしい。

広告の後にも続きます

その「まごころの木」が、こちらだ。

2本のクスノキはばっさり切られ、後に残っているのは切り株だけ……。

これら2枚の写真は、ツイッターユーザーの海垣(@ride626)さんが2021年9月9日に投稿したものだ。

府中駅の2番のりばで、8月21日に撮影したという。

JR西日本が価値ある企業であることを表現しているはずの「まごころの木」が、なぜこんな無残な姿になってしまったのだろうか。なんだか不吉……。

いや、きっと何か事情があるに違いない。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル