top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大谷翔平選手、8回2失点の好投も10勝目ならず 103年ぶり偉業は持ち越し

ニュースサイトしらべぇ

ロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平選手が20日(現地時間19日)、本拠地アナハイムのエンゼル・スタジアムで行われたオークランド・アスレチックス戦にスタメン出場した。


■相手打線を翻弄する力投

大谷選手は「2番・投手」で先発。3回、4回にソロホームランを浴びてリードを許したものの、この失投以外は相手打線を翻弄。

7回には三者連続三振を奪うなど、8回を投げて5安打10奪三振2失点の好投を見せて降板した。


■8試合連続でのノーアーチ

一方、打者としては、第1打席は1回1死、フルカウントから四球を選んだ。3回2死2塁の第2打席は申告敬遠で出塁すると、場内の地元ファンからはブーイングが。

第3打席は6回無死、初球セーフティバントを試みるも間一髪でアウト。ピッチャーゴロに終わる。8回2死での第4打席は空振り三振に倒れ、2打数無安打で4試合ぶりのノーヒット、8試合連続でのノーアーチに。打率は2割5分7厘となった。

広告の後にも続きます

【動画】鋭い変化球で三振を奪う大谷翔平投手

■快挙はお預け

大谷選手の投打の二刀流での出場は今季18度目。22回目の登板で、1918年にベーブ・ルースが達成して以来103年ぶりとなる「同一シーズン2ケタ勝利・2ケタ本塁打」の記録を目指したが、快挙は持ち越しに。

なお、チームは9回に同点に追いつき、大谷選手に負けはつかなかったが、延長10回に勝ち越しを許して3連敗を喫した。


■「次こそは」の声

味方の援護がなかっただけに、ネット上では「今日のピッチングよかったのになあ」「その成績で勝ち投手になれなかったのつらいな」といった声の一方、「HQSは素晴らしい」「勝ちはつかなったけど今日の試合すごく感動した」「次こそは」と前向きな反応や、「あらゆる手段を用いて大谷にあと1勝させてほしい」との声も。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル