top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ロングセラーの児童書おすすめ6選!大人が読んでも懐かしい名作

ホンシェルジュ

幼いころに読んだ児童書の内容を、ふと思い出すことはありませんか。今回は、大人になってから改めて読み返されたり、自身の子どもに贈ったりと読み継がれているロングセラー作品を紹介していきます。どれも30年以上人気があるもの。「名作」と呼ばれる所以はどこにあるのか、読んだことがある人もぜひもう1度手にとってみてください。

勇気をもらえるおすすめロングセラー児童書『エルマーのぼうけん』

これは、僕のお父さんのエルマーが小さい頃のお話。

ある晩エルマーは、野良猫からかわいそうなりゅうの話を聞いたエルマーは、助けに行くために旅支度を始めます。そのりゅうは、雲から落ちたどうぶつ島で捕えられ、働かされているというのです。

どうぶつ島に着いたエルマーは、りゅうが繋がれていると聞いた川を探します。しかしどうぶつ島の動物たちは、侵入者を許しません。時には、お腹を空かせた猛獣に出くわすこともあり……。果たしてエルマーは、りゅうを助け出せるのでしょうか。

著者[“ルース・スタイルス・ガネット”, “ルース・クリスマン・ガネット”, “わたなべ しげお”] 出版日

アメリカの児童文学作家ルース・スタイルス・ガネットの作品。1948年に刊行され「ニューベリー賞」を受賞しました。日本では1963年に刊行され、約60年経った今でも読み継がれています。

何度読んでも興奮させられるのが、エルマーの知恵と行動力です。機転を利かせたアイディアでリュックサックに詰めてきた道具を使い、いくつもの障害を乗り越える冒険にワクワクさせられっぱなし。心優しく言葉遣いは丁寧で、どんな時も冷静な判断ができる少年の姿に、子どもの読者は憧れるのではないでしょうか。

広告の後にも続きます

またスタイルスの義母にあたるルース・クリスマン・ガネットの絵も必見です。登場する動物たちの表情は豊かで、読者を物語の世界へ誘います。かわいらしい地図もお見逃しなく。

家族愛と少年の成長を描いたおすすめ児童書『チョコレート工場の秘密』

チャーリーは、チョコレートが大好きな少年。でも貧しい暮らしの彼がチョコレートを手にすることができるのは、誕生日ぐらいです。

彼が住む町には、謎に包まれた巨大なチョコレート工場がありました。ある時新聞に、工場の見学が許される記事が掲載されます。ところが見学できるのは、世界中で販売されているチョコレートのなかのたった5枚に印刷された「黄金の切符」を手にした者だけとのこと。

運よくその1枚を手にしたチャーリーは、巨大な工場に足を踏み入れます。工場の謎がしだいに明かされていき……。

著者ロアルド・ダール 出版日2005-04-30

イギリスの小説家ロアルド・ダールの作品。日本では1972年に刊行されました。映画やミュージカルなどの派生作品も有名です。

物語を盛り上げるのは、個性的な登場人物たち。チャーリーは、貧しいながらも豊かな心をもつ少年で、工場見学の経験を通じて精神的に成長していきます。また他の当選者は、一癖も二癖もあるわがままな子どもたちばかり。彼らを甘やかす保護者の様子に、ドキリとさせられる大人も多いのではないでしょうか。そして10年もの間姿を見せなかった工場主も、いかにも風変わりな人物です。

  • 1
  • 2

TOPICS