top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

更年期のメンタル不調相談室「夫にイライラして暴力」は漢方で解決

女性自身

更年期のメンタル不調相談室「夫にイライラして暴力」は漢方で解決

 

「更年期を迎えると心身の衰えが顕著になり、できていたことができなくなる。それが家族への不満となり、イライラが高じて暴力に発展する行為は珍しくありません」(森先生・以下同)

 

近年、女性側からのDVに悩む夫からの相談件数が増えている。

 

広告の後にも続きます

エスカレートするようであれば、婦人科で漢方を処方してもらったり、心療内科のカウンセリングで自分を見つめ直すといった、患者に寄り添う治療法をすすめる。

 

「まずは漢方を長期的に飲むことで、体質改善を。精神不安があって動悸(どうき)、不眠などを伴う場合は『柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)』、体力はあるが、のぼせ気味でイライラ傾向があれば『黄連解毒湯(おうれんげどくとう)』、気分がふさぎ、咽頭や食道部に異物感があるなら『半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)』を、更年期の時期や体質で使い分けて。漢方薬は好相性ならおいしいんです」

 

【悩み2】お酒を飲まないと家事も子育てもできません。やめられるか不安で。(47歳・パート)

 

「キッチンドランカーとなって夫に連れられ来院する主婦の方もいますが、結局やめられず離婚に至るケースも。こればかりは自分自身で強い決意をしなければ難しいのが現実です」

 

精神科病院で長く勤務経験のある森先生によると、依存症は根が深く、依存できる何かを常に求めているということ。

 

「夫に依存できないから満たされず、お酒や買い物やギャンブルに走る主婦の方は多い。解決策としてお酒を上回るご褒美があればやめられる可能性があり、恋人ができて断酒できた方もいます。いずれにしても日常生活や家計に支障が出るほど依存度が高い人はきちんと診断を受け、『治したい』と自分の意思で動けるかが鍵となります」

 

森先生によると、精神科や心療内科で依存症回復プログラム、認知行動療法に参加し、前向きに現在の状況を受け止めることも克服の道、という。認知行動療法の第一人者である大野裕先生監修のサイトをすすめることもあるそうだ。

 

「通院に抵抗がある方や、あるいはコロナ禍なので家で挑戦したい方には、オンラインで参加するという方法もあります。まずは自らアクションを」

 

 

【悩み3】睡眠時に歯ぎしりをすると家族に言われて。確かに起床後、頭痛が。(50歳・パート)

 

「歯ぎしりはクセの一種でもありますが、主にストレスが原因となり、頭痛を引き起こすこともあります。最近では、ボトックスをエラ(顎の筋肉)に打つことが即効性のある治療法として、注目されているんです」

 

この方法は頬がやせて「小顔になれる」ということで森先生のクリニックでも好評だという。

 

「ボトックスを打てる環境にない方は、マウスピースを就寝時だけ装着するという方法も。ただ、本当に強い歯ぎしりのある場合、マウスピースまですり減ってしまうこともあります」

 

【悩み4】体がだるく、気分が落ち込み、鏡で自分の顔を見るのもつらい。(54歳・パート)

 

「一度うつ状態に陥ると、回復には時間がかかります。焦らずに、生活を見つめ直しましょう」

 

森先生がまずおすすめする対策は、早寝・早起き・食事の改善・十分な休息、である。

 

当たり前のようでいて、この方法に勝るものはない、と森先生は言い切る。これができていないためにうつに陥る人は多いと、警鐘を鳴らす。

 

「高麗人参や成長ホルモンサプリを摂取することで元気を取り戻す方も多いです。ただし、長く飲むと金額は高くつきます」

 

そう話す森先生自身も、女性の体をトータルで診られる医師を目指し、無休の日々を送っていたなかで、全身がむくんでしまい、体調改善に1年を要した経験があるという。

 

「更年期に差しかかると、誰にでも不具合は起こりえます。特に働く主婦の方の場合は、いまの時代、しなければいけないことが多岐にわたりすぎるのです」

 

究極の休息法として、子育てを終えたら夫とも別居して単身生活に切り替えるなどで、ストレスや負担を軽減し、元気を取り戻すといったスタイルを取る方もいるのだとか。

 

「現に私もそうですが、家族の仲は良好です。主婦には退職もないと負担に思われるのであれば、せめてパートタイムにして負担軽減を検討するのも一案。そうして人生を充実させる道を歩むことが重要です」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル