top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

人の記憶がいかに曖昧なものかがわかる、偽の記憶を植え付けられ有罪となった男の物語

カラパイア

ritual-996997_640
 人間の記憶とはきわめて曖昧で、はなはだ当てにならないものだ。ちょっとしたことで簡単に操作され、ありもしない記憶を植え付けられてしまう。

 そして時にそれは、人の一生を大きく狂わせてしまうことがある。

 アメリカで、自身の記憶により悲劇に見舞われた男がいる。自身の子供によって虐待を訴えられた彼は、子供が5歳の頃から悪魔の儀式で虐待していたと自供し、その罪を認めた。

 だがその記憶は、ほとんど眠ることも許されない取調べで植え付けられた、偽の記憶である可能性が濃厚なのだ。

サーストン郡悪魔的儀式虐待事件(1988年)の概要

 ワシントン州イーストオリンピアに住むポール・イングラムは、それまで16年間、サーストン郡保安官事務所で勤務し、皆から尊敬される副官だった。

 ところが1988年の秋、自分の娘であるエリカ(当時22歳)とジュリー(18歳)が「回復記憶療法」を受け、過去の忌まわしい記憶を思い出したと主張したことで人生の歯車が狂っていく。

 娘たちは、父親から性的虐待を受けていたと話し、ポールは性的虐待の容疑で訴えられたのだ。

 エリカは、父親であるポールが850以上の悪魔の儀式を行なっていたと主張。その内容は異常なもので、儀式的な動物との性交や赤子の生贄から、妊娠したエリカを堕胎させ、その胎児を食べるといったことまで行われていたという。

 イーストオリンピアは宗教に熱心な地域である。ポールは牧師に励まされると、その事件を”思い出し”始めた。取調官に要求されるままに自供し、その内容が事実確認されることもなかった。
bonfire-1209269_640
photo by Pixabay

違和感のある供述にもかかわらず裁判は進む

 エリカとポールの話は、現実と食い違うこともあった。

 たとえばポールは、ジム・ラビー並びにレイ・リッシュという共犯者がいたことを自供している。しかしラビーが儀式に参加していたとされる日、彼はアメリカ国外におり、参加できたはずがなかった。

 またエリカと妹のジュリーは、傷だらけだったと主張しているが、身体検査でそれは確認できていない。さらに埋めたとされる生贄の遺体も発見されていない。

 それでも裁判は進んでいった。
courtroom-898931_640
photo by Pixabay

偽の記憶である可能性を疑い、社会学者が調査

 これを疑って調査に乗り出したのが、社会学者のリチャード・オフシェだ。

 ポールを訪ねたオフシェは、彼が取調官によって暗示にかけられ、偽の記憶を植え付けられていると考えるようになった。

 なぜなら、取調べの最中、ポールはほとんど眠ることを許されず、白昼夢を本物の記憶と思い込んでいる節があったのだ。

 この仮説を証明するために、オフシェはある実験を行った。作り話をポールに話して、彼がそれを自分の記憶と思い込むかどうか試してみたのだ。

 オフシェは警察の立ち会いのもと、ポールにこう語りかけた。

「息子さんと娘さんから聞いたところによると、あなたは自分の目の前で彼らに性交させたそうですね。覚えていますか?」

 当初、イングラムはその話を否定した。しかし詳しい場所や日時を説明されるうちに、だんだんと”思い出し”始めた。

 そしてその翌日、これに関する3ページもの自供書を書き上げて提出したのだ。そこにはオフシェが考えたセリフまでもが記載されていた。

 だがポールは、その話がまったくの作り話であると説明されてもなお、「自分には、他のことと同じように普通に現実のことです」と言い張った。
iStock-1198564579
photo by iStock

 オフシェがポールの妻サンディと面会したときには、突拍子もない非現実的な出来事を語らせることにも成功している。

 サンディは、牧師から虐待の話を聞かさ、催促されるうちに、やはりそれを”思い出す”ようになった。

 彼女によると、悪魔の儀式で木に縛り付けられたことがあるのだという。すると1冊の本から血が流れ始め、それが重力に逆らって上へ流れると、そこにいた加害者の1人の体を包み込んだのだ。

 また娘の1人(妹のジュリー)からは、彼女がそれまで話したこともない悪魔の儀式について聞き出すこともできた。
skull-2208861_640
photo by Pixabay

虚偽の記憶により20年の実刑判決が下される

 こうした試みや、子供たちが次々と訴える内容にほとんど証拠がなかったにもかかわらず、ポールは自らが罪を犯したということを頑なに認め続けた。

 そして結局6件の強制性交の罪で有罪となり、懲役20年の判決を受けた。

 彼が罪を認めた日、ポールの弁護人を務めたゲイリー・プレブルは、イングラム一家に対して「5年もしたらみんな目を覚まして、こんなことは一度も起きなかったのだと気づくのではないでしょうか」と語ったそうだ。

当時アメリカで相次いでいた悪魔的儀式虐待の真相

 当時アメリカでは、悪魔崇拝者の儀式に子供たちが供されて性的・肉体的に虐待されたとする「悪魔的儀式虐待」の告発が相次いでいた。

 何万人もの子供達が悪魔崇拝者らによって虐待され、殺害されていると考える人が少なくなかったが、FBIの統計上ではそのような事実は認められていない。

 現在は、アメリカの特に宗教に熱心な地域社会で広まった、悪魔崇拝者のレッテルを貼られた者に対する現代の「魔女狩り」であることがわかっている。

References:False Memories And The Man Who Confessed To Satanic Rituals And Murder | IFLScience / written by hiroching / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル