top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

東大卒の元プロが説く「野球ひとつに懸けちゃダメ」な理由

高校野球ドットコム

 9月も中盤に入り、多くの高校3年生の球児が「部活動」としての野球に一区切りをおき、次のステップに向け準備を進めている時期だろう。そして今後の進路について不安を抱える球児も少なくないのではないだろうか。

 そこで今回、小中高の球児に向けたオンライン学習サービス「Baseball Study」を運営する須合啓さん(株式会社Educe Japan代表)と東大卒の元プロ野球選手・小林至さんに「文武両道」をテーマに対談していただいた。高校野球の指導者の経験も持ち、現在も球児と第一線で向き合っている須合さんが、高校3年生当時の小林さんの心境から、東大時代、プロ野球界での経験、そして現在の思いに迫った。

 小林さんの「エール」が、夢へ突き進むための不安要素を解消する一助となれば幸いだ。

東大合格は人生初の「成功体験」

小林至さん

 まずは小林さんに人生を「野球と受験」を軸に振り返ってもらった。神奈川県立多摩高校出身の小林さん。当時の野球部の実力は「せいぜい2~3回戦止まり」で甲子園は遠かった。それでも「大学で野球を続けたい」という思いで一念発起。引退後、受験勉強に取り組んだ。しかし大学野球の舞台は全国の強豪校から実績のある選手たちばかり集まる。「阪大だったら試合に出られるかも」と難関国立大の大阪大を目指した。

 しかし「箸にも棒にも掛からず」不合格となった。そこで「どうせ浪人するなら、ヘボでも輝ける最高の舞台でやりたい、ということで東大志望を宣言しました」。大学野球最高峰の舞台である東京六大学リーグでプレーすることを目指し、「アホみたいに」勉強した。

広告の後にも続きます

 すると現役の頃の蓄積もあり、7月の東大模試ではA判定が出た。これは浪人組の間でも話題になったという。「灘、開成、筑駒などの常連が居並ぶなかに『多摩高、小林』が入り、『あいつ本当にすごいことになった』と騒がれました」。東大模試で結果を出すことは受験生にとって最高のステータスでもあり、自信もついた。

 無事、合格を勝ち取とった。当時のことについて、「53歳の私から客観的に俯瞰してみると、あの時の成功体験は大きかった。実はこれが初めての成功体験なんですよ」と振り返る。大きな目標を達成し、晴れて東大野球部に入部することができた。

話題性・情熱買われプロ入り

 入部当初は投手か野手か、すらも決めてなかったが、河野敏章監督(当時)から、左だから投手やったらどうか、と勧められ、投手になった。すると2年春にはリーグ戦初登板を果たしエースとなった。「自分としてはすごい成長物語。神宮で投げる喜びですっかり舞い上がった」と当時を振り返る。しかし勝利を挙げることはできず、4年春の開幕戦では70連敗を喫し連敗の歴代記録を作った。NHKスペシャルで特集が組まれるほどだった。その悔しさと、ノビシロを信じて、社会人で野球継続することを決めた。

 しかし、「どうせならプロ志望でもいいんじゃないか」と持ち前の上昇志向を発揮する。「東大生がプロ志望」。当然、世間の注目を集めた。それを聞きつけたロッテ球団の金田正一監督(当時)により特別にプロテストが行われた。受験翌日にはスポーツ紙全紙が一面で取り上げた。「坊主、そんなに野球が好きか?ーはい。」そんな会話も小林さんの心に刻まれている。

 見事合格を果たしプロ野球選手への道が開かれた。留年したため1年間は練習生として過ごし、1992年のドラフトで千葉ロッテマリーンズに8位指名を受け正式に入団。プロ入り後はオープン戦での1勝のみで、一軍公式戦での登板機会なく1993年に現役を引退した。

活躍には「反骨心」と「引き出しの多さ」

須合啓さん(株式会社Educe Japan代表)

 現役を引退してからは、アメリカに7年住んだ。コロンビア大学で修士号(MBA)を取り、現地採用のサラリーマンもやった。帰国後、江戸川大学で助教授として採用され、研究者の道を歩み始めていたところに、ホークスを買収した孫正義さんに誘われて、福岡ソフトバンクホークスの取締役として、10年間、球団経営に携わった。フロント業務を通じで多くの選手を見てきたことで、プロで活躍する選手の共通点もみえてきたという。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル