top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アーセナル最新スタメン全選手紹介&フォーメーション。冨安健洋は定位置を掴めるか? 熾烈な争いになるポジションは…

フットボールチャンネル

アーセナル最新スタメン全選手紹介&フォーメーション。冨安健洋は定位置を掴めるか? 熾烈な争いになるポジションは…

GK紹介

2021/22シーズンのプレミアリーグも第4節を消化。欧州大会出場を25年ぶりに逃したアーセナルは、冨安健洋やベン・ホワイトらを獲得している。今回は、アーセナルの最新のスターティングメンバー11人をフォーメーションとともに紹介する(直近数試合のメンバーとフォーメーションを元に作成)。

—————————————–

ベルント・レノ(ドイツ代表/背番号1)
生年月日:1992年3月4日(29歳)
21/22リーグ成績:3試合出場/9失点

 ベルント・レノのセービングにおける安定感は抜群で、昨季はプレミアリーグで3番目に少ない39失点に抑えることに貢献していた。幾度となくチームのピンチを救ってきた守護神だが、今季はそのポジションが確約されているわけではない。

 レノの課題とされているのがロングフィードの精度だ。アルテタ監督はGKに高いビルドアップ能力を求めており、年々改善傾向にあるとはいえレノのフィードでは物足りない印象だ。一方で今夏に獲得したアーロン・ラムズデールは、レノ以上のフィード能力の持ち主で、アーセナルでのプレミアリーグデビューとなったノリッジ戦でも好プレーを披露していた。果たして今季終了時点でアーセナルの熾烈な正GK争いを制するのはどちらの選手になるのだろうか。

DF紹介

広告の後にも続きます

冨安健洋(日本代表/背番号18)
生年月日:1998年11月5日(22歳)
21/22リーグ成績:4試合出場/1得点0アシスト

 アーセナルには多くの右SBの選手がいるが、レギュラーポジションを掴むことが濃厚なのは今夏に加入した冨安健洋だ。日本代表ではCBとして出場しているが、19年からプレーしたボローニャでは右SBとしても経験を積んだ。

 左サイドのキーラン・ティアニーは高い位置をとって積極的に攻撃参加するタスクを任されており、冨安にはより安定した守備が求められることになるだろう。デビュー戦となったノリッジ戦では空中戦で8戦7勝と安定感抜群の守備を披露した。

ベン・ホワイト(イングランド代表/背番号4)
生年月日:1997年10月8日(23歳)
21/22リーグ成績:2試合出場/0得点0アシスト

 今夏、アーセナルはクラブ史上3番目に高額となる5000万ポンド(約75億円)でベン・ホワイトを獲得した。ホワイトはパス精度とビルドアップ能力に定評があるCBで、開幕戦から前線に鋭い縦パスを入れるなど早速持ち味を発揮している。ビルドアップが不安定なロブ・ホールディングに代わってレギュラーに定着する可能性が高い。

 ボール保持時の貢献が期待できるホワイトだが、一方でフィジカルタイプのFWや1対1の守備は苦手としていて、開幕戦から守備の脆さが出でしまうシーンがいくつか見られている。前所属のブライトンでは3バックの右でプレーすることが多かったため、早く4バックに慣れることが求められるだろう。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル