top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

世界最高のドリブラーは誰だ! サッカー選手ドリブル能力値ランキング11位~15位。イタリア代表の天才パサーの順位は…

フットボールチャンネル

世界最高のドリブラーは誰だ! サッカー選手ドリブル能力値ランキング11位~15位。イタリア代表の天才パサーの順位は…

15位:ナポリ歴代最高のFW

 リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。今回は「ドリブル」にフォーカスしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

————————————-

FW:ドリース・メルテンス(ベルギー代表/ナポリ)
生年月日:1991年2月21日(30歳)
市場価値:900万ユーロ(約10.8億円)
20/21リーグ戦成績:29試合9得点8アシスト

 2013年夏にナポリに加入して以来、ドリース・メルテンスはゴールを決め続けてきた。19/20シーズンにはクラブ最多得点記録を更新し、昨季はベルギー人初となるセリエA通算100得点を達成している。今夏のユーロ(欧州選手権)ではベルギー代表通算100試合出場という大台に到達するなど、最高峰の舞台で活躍を続けている。

 169cmと小柄なメルテンスは、サイドを主戦場とする選手だった。ナポリでも最初の3シーズンは左ウイングでプレーすることが多かったが、16年夏にゴンサロ・イグアインがユベントスに移籍したことをきっかけに、マウリツィオ・サッリ監督によってセンターフォワードにコンバートされた。切れ味鋭い「ドリブル」で左サイドから仕掛け、右足でシュートを狙うのがメルテンスの得意なプレーだったが、中央に居場所を移したことで得点能力が引き出された。

広告の後にも続きます

 相手の守備ブロックの間を巧みに動いてパスを引き出し、陣形を崩していく。狭いエリアでも卓越した「テクニック」と「ドリブル」技術でボールを運び、相手に奪いどころを作らせない。少しでもフリーにしてしまえば、精度の高いシュートを放つので、相手からしてみれば一瞬の油断も許されない。ヴィクター・オシムヘンが加入した昨季からはトップ下でプレーする機会も増え、チャンスメイクの部分でも能力の高さを発揮している。

14位:12度のリーグ優勝を知る司令塔

MF:チアゴ・アルカンタラ(スペイン代表/リバプール)
生年月日:1991年4月21日(30歳)
市場価値:3000万ユーロ(約36億円)
20/21リーグ戦成績:24試合1得点0アシスト

 バルセロナ出身のチアゴ・アルカンタラは、卓越した「テクニック」と「IQ」を武器に活躍している。18歳のときにバルセロナでトップチームに昇格し、ペップ・グアルディオラ監督が就任したバイエルン・ミュンヘンに13年夏に移籍。昨年9月にはリバプールへと移籍している。バルセロナとバイエルンでUEFAチャンピオンズリーグ制覇を経験し、両クラブで計12度のリーグ優勝を知っている。30歳ならが多くのタイトルを味わってきた。

 元ブラジル代表のマジーニョを父に持つチアゴは、卓越したボールテクニックを有する。ピッチの至るところに届けられる「パス」が印象的だが、「ドリブル」の技術も高い。巧みなフェイントや細かいボールタッチを駆使してプレスを剥がす。「スピード」でサイドを切り裂くことは少ないが、360度から寄せられる中央でも正確にボールを運ぶことができる「ドリブル」だ。

 小柄な身体というハンデもさほど感じさせず、それを補って余りある技術を持っている。昨季のリバプールでは膝を負傷し、公式戦の出場は30試合に留まったが、コンディションさえ万全であればプレミアリーグでも屈指のゲームメイカーに数えられる。

13位:華麗な天才パサー

MF:マルコ・ヴェラッティ(イタリア代表/パリ・サンジェルマン)
生年月日:1992年11月5日(28歳)
市場価値:5500万ユーロ(約66億円)
20/21リーグ戦成績:21試合0得点2アシスト

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル