top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大谷翔平の改善された投球メカニクスに驚き。斎藤隆「4球くらいで打者をアウトにとれるイメージ」

web Sportiva

 今季のメジャーリーグは残り約20試合を切り、地区優勝やワイルドカード争い、個人タイトルの行方に注目が集まっている。

 なかでも最大の焦点のひとつが、二刀流の大谷翔平はどんなフィニッシュを迎えるのか、だ。

「今年の大谷が一番すごいのは、ケガなく、二刀流をここまで完璧にこなしてきたこと。当事者としては誰も語れませんが、”すごいこと”だけは明らかにわかります。まさにゴール手前のラストスパートに入ったので、完走してほしいのが第一の願いですね」

 そう話したのは、元メジャーリーガーで解説者の斎藤隆氏だ。


あと1勝で103年ぶりの快挙を達成する大谷翔平

 ロサンゼルス・エンゼルスに加入して4年目の今季、異次元のパフォーマンスを見せる大谷は44本塁打でア・リーグ2位(現地9月14日時点、以下同)。すでに23盗塁をマークしており、「40本塁打20盗塁」を記録したMLB史上32人目の選手となった。

広告の後にも続きます

 投げては21試合で9勝2敗、防御率3.36、136奪三振。70勝74敗と勝率5割を切るエンゼルスで大きく勝ち越していることに、大きな価値がある。あとひとつ勝って10勝に到達すれば、同一シーズンでの「ふたケタ勝利&ふたケタ本塁打」は1918年のベーブ・ルース以来だ。

 類を見ない二刀流としての活躍に年間MVPが確実視される一方、「サイ・ヤング賞候補」という声も聞こえるほど、投手としての才能も開花した。実は開幕前のオープン戦を見て、「今年は覚醒気味」とスポルティーバに語っていたのが斎藤氏だった(『投手・大谷翔平も今季は「ヤバイ」。斎藤隆が見た明らかな変化、超一流の証』@3月29日掲載)。

「ブルペンでのバランスのよさや、上半身と下半身のつながりは、過去にないくらいのものを感じていました。それがそのまま、あるいはそれ以上に出ているという印象です」

 5月までは勝ち負けがつかない試合が多かったものの、6月以降、一気に白星を積み上げる。しかも、6回を越えて7、8回まで投げることが増えていった。そうした裏ではピッチングに明らかな変化が見られたと、斎藤氏が指摘する。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル