top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

世界的に偉大な王者だったザ・ファンクスとハーリー・レイスの素顔。私生活での振る舞いは対照的だった

web Sportiva

「名誉レフェリー」が語る外国人レスラー列伝(4)
ザ・ファンクス&ハーリー・レイス 第3回:「プロ」の悪役だったブッチャー>>

 昭和の全日本プロレスのマットを彩った伝説の外国人レスラーたち。草創期から全日本のすべてを知る和田京平「名誉レフェリー」が、レジェンドたちの秘話を明かす。連載の第4回は、兄弟タッグ「ザ・ファンクス」で日本人に愛されたドリー・ファンク・ジュニアとテリー・ファンク。そして、伝説のNWA(ナショナル・レスリング・アライアンス)王者ハーリー・レイス。


共にNWA世界王者で、日本のリングでも大活躍したハーリー・レイス(左)とザ・ファンクス

***

 ドリーとテリーはそれぞれ、世界でもっとも権威があったタイトル「NWA世界ヘビー級王座」を獲得。日本プロレス時代から「ザ・ファンクス」として来日し、ジャイアント馬場とアントニオ猪木の「BI砲」を破ってインターナショナルタッグ王座を奪取した、世界最高の実力と実績を誇る兄弟だった。

 全日本プロレス旗揚げ後は、当時の外国人レスラーとしては珍しいベビーフェイスとして、日本中のプロレスファンに愛された。そのきっかけについて和田は、「1977年12月15日、蔵前国技館で行われた『オープンタッグ選手権』最終戦の、アブドーラ・ザ・ブッチャー&ザ・シーク組との対決だった」と断言する。この試合で、ブッチャーのフォーク攻撃で腕を刺されながら戦ったテリーの姿が感動を与えた。

「ファンクスの人気があそこまで上がったのは、テリーがブッチャーにやられたからです。今の時代ならテレビでは放送できない攻撃。あれだけフォークで刺すというのは、振り返るだけでゾッとするんだけど、ブッチャーが徹底的にやってくれたからこそ、ファンはテリーに拍手したんでしょう。あのやられっぷりが堪らなかった。逆に言えば、ブッチャーがいなければ、テリーはあれだけの存在になっていなかったはずです」

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル