top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

おうちカフェのお供に♡セリアのシリコンカヌレ型で作る!一口サイズのフランス菓子「ティグレ」

michill(ミチル)

このレシピを試すのにかかる時間

約40分

ティグレってどんなお菓子?

ティグレとはフランス語で「虎」と言う意味。生地に入ったチョコが虎の毛皮のように見える事からそう名付けられたようです。

焦がしバターやアーモンドプードルの入ったフィナンシェ生地を作り、そこへチョコチップを混ぜ込んだとってもリッチな味わい。

窪みのあるサバラン型などで作り、窪んだ部分にチョコレートを流して仕上げたスタイルが一般的です。

一口ティグレのレシピ

サバラン型は製菓道具店などで手に入りますが、今回はよりお手軽に作れるようセリアのシリコンカヌレ型を使って作ります。

材料(セリアのシリコンカヌレ型8個分)

〇ティグレ生地
・卵白 40g
・粉糖 40g
・はちみつ 5g
・アーモンドプードル 20g
・薄力粉 20g
・無塩バター 40g
・チョコチップ 15g

広告の後にも続きます

〇仕上げ
・チョコペン 適量
・ピスタチオ(お好みで) 適量
・フリーズドライストロベリー(お好みで) 適量

下準備

・卵白は常温に戻しておく。
・チョコチップを軽く刻んでおく。
・オーブンは200℃に予熱しておく。

作り方

まず焦がしバターを作る。 鍋に無塩バターを入れ中火にかけ、木べらで混ぜながら香ばしい色が着くまで焦がす。 火から下ろし、鍋底を氷水に当てて、温度の上昇を抑える。そのまま常温に置いておき冷ましておく。

① ボウルに卵白、粉糖、はちみつを入れホイッパーで混ぜる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル