top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

芸能界のギャップすご技…マヂラブ野田はダンクシュートが超得意「人生これでいい」

SmartFLASH

 

 9月13日放送の『教えてもらう前と後』(TBS系)で、同番組調べの「芸能界ギャップすご技ベスト10」が紹介された。

 

 5位は、石原裕次郎のモノマネで知られる、ゆうたろうのドラム演奏。石原も映画『嵐を呼ぶ男』のドラムシーンで知られているが、ゆうたろうは、モノマネの前からドラムをやっていたという。今年ヒットしたAdoの『うっせぇわ』のドラム演奏も披露した。

 

広告の後にも続きます

 

 4位はマヂカルラブリー野田クリスタルのバスケットボールのダンクシュート。身長178センチの野田は90センチ以上飛んで、ダンクを見事に決めた。その妙技に、バスケの川崎ブレイブサンダースの藤井祐眞選手は「すごい。ジャンプだけなら勝てないかもしれない」と称賛した。野田は「バスケはうまくなくても大丈夫。ダンクできれば人生これでいい」と持論を披露していた。

 

 3位は、コウメ太夫のダンス。小学5年生でマイケル・ジャクソンの『スリラー』を見て独学で始めた。そのパフォーマンスにMCの滝川クリステルは「俊敏!」と讃えた。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル