top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

シバターがコムドットに物申す「ただただ嘆かわしい」

yutura

9月14日、「シバター」(登録者数123万人)が「コムドット、コンビニで騒いで警察沙汰!言わせてください・・・」を公開。
深夜のコンビニ駐車場で警察に通報されるほどの“騒音パーティ”をおこなったとされ批判が集まっている「コムドット」(登録者数240万人)に苦言を呈しました。

“騒音パーティ”で批判を集めるコムドット

問題の“騒音パーティ”は、写真週刊誌「FLASH」(光文社)で『懲りない人気ユーチューバー(コムドット)警察出動!深夜「屋外騒音パーティ」』と題して報道されました。
その内容は、今月9日深夜、西東京の閑静な住宅街にあるコンビニの駐車場で、コムドットのリーダー・やまとをはじめとしたメンバーたちが友人らを交え、「ノーマスク」状態で周囲に響き渡るほどの大声で騒いでいたというもの。
8日、9日の連日、彼らはコンビニ駐車場で騒いでいたそうで、耐えかねた地元住民が通報したのか、9日の深夜には警察官2名が現れて職務質問をしていたとのことです。
メンバーたちは警察官への対応をマネージャーに任せ、悪びれずに車の中で笑い声を上げ続け、警察官が立ち去った後に再び現場に戻ってきて深夜2時過ぎまで車内で騒いでいたと伝えられています。

コムドットは「どチンピラ」

コムドットが3月や6月にも炎上していたことを踏まえ、「コムドットたちは反省なんか少しもしていない」と呆れ顔のシバターは、「また同じことをやり続けます」「学ばないんで」と、今後もコムドットは同じような問題行動を起こし続けると断言します。
その理由に、「盲目的なファンが彼ら(コムドット)のことを怒りもしなければ、見放しもしなければ、登録解除も」しないので、ニュースに取り上げられて炎上はしているものの、結局のところコムドットは「何も痛い目を見ていない」という点を指摘します。
シバターは、「でも(コムドットは)人気あるんですよね」と首をかしげ、「どこが面白いのか僕にはわからないです」、「ただただ嘆かわしい」とコメントしました。

シバターは、コムドットに「社会的責任を取らせることはできない」としつつも、

広告の後にも続きます

ただ言わせてくださいよ。
僕ね、コムドット、すっげー嫌いです。大嫌い。

と話し、「嫌ですね、ああいうどチンピラ、なんの教養もなくて柄も悪くて」「礼儀もない」「常識もない、面白くもない」と痛烈に批判しました。

YouTubeが「成長するかもわからないし稼げるか」もわからなかった頃から、自身やHIKAKIN、はじめしゃちょーやマックスむらいといったYouTuberが「畑を耕し」、「食える土壌」にしたと話すシバター。
そんな場所に「土足で踏み入って」きたコムドットをよく思う「古参YouTuber」はいないだろうと話しました。

関連記事
コムドットがまた物議 撮影禁止場所で動画撮影か
コムドットがまた不祥事 条例違反の動画撮影で視聴者は呆れ「何も学ばない男達」
コムドットの“騒音パーティ” 現場にいた後輩YouTuberが反論「普通に静かに喋ってただけ」
コムドット・やまと、騒音トラブル報道を一部否定 「ヤンキーっぽい人たちのコール練習」で警察が来たと主張

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル