top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

電気料金から食費まで 家庭のテレワーク費用負担

OVO

 出勤していれば使わない自宅エアコンの電気料金、会社で残業なら出たはずの夜食の補助。移動時間を取られずに済むテレワークだが、反面、自宅で増えた出費もある。テレワークによる従業員の費用負担と企業対応に関する調査(インボイス・東京)によると、過半数の人が会社に電気料金を負担してほしいという希望を持っている。

 週1日以上テレワークをしている人(スクリーニング調査4,408人、本調査449人、調査期間:2021年7月13~20日)を対象にした調査で、多数派は週に2~3日のテレワーク。ほぼ毎日という人も22.3%いる。在宅仕事で増えた費用は、64.4%の人が「電気料金」と回答。続いて水道代40.3%、ガス料金30.5%と光熱費の負担が増大していることがわかる。 一方インターネット接続費やスマホについて負担増と回答した人は2割以下。スマホは会社支給のものが多く、自宅の通信費は定額制の契約が増えていることが理由のようだ。

 そこで会社に負担してほしい費用をたずねると、やはり「電気料金」が半数以上の52.6%に達した。食費を負担してほしいという回答も10.5%。コロナ前まで会社負担だった費用が家庭に転嫁されている部分もあり、今後の検討課題になりそうだ。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル