top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

フット岩尾、キラキラネームを名付ける親に不信感あらわ「どんな感じでみんな…」

Quick Timez

「どんな感じで」とキラキラネームを付ける両親の行動に首を傾げた岩尾望さん。

ただ、スタジオからもこの日キラキラネームに対しては過度に奇をてらったものは「大人が止めなくちゃいけない」と、慎重論が相次いでいました。

キラキラネームが出現してから30年あまり。

では、キラキラネームを付けられた子供はその後、どのような人生を歩んでいるのでしょうか。

「令和に入り、キラキラネーム遭遇率は70%を超えるなどそれほど珍しくなくなったキラキラネームですが、名前によってはその後過酷な成長期を過ごした人もいるようです。たとえば、アニメに登場するような名前を付けられ小学校はいじめられ、その後も嘲笑されたりだとか。また、大学卒業を控えて就職活動を迎えたものの、面接で自己紹介する度に笑われ、落とされたりという話もよく耳にします」(ライター)

広告の後にも続きます

キラキラネームによって発生しているいじめなどの実害。

しかし、それを予め止めることはできないのだと言います。

「著名人の間でも度々賛成、反対と議論が交わされていますが、現状、子供に名前を付ける権利は両親にあり、ひらがな、カタカタ、決められた漢字であれば読み方が漢字と異なっていても承認されるようになっています。ただ、かつての悪魔ちゃんなど…もちろん両親にそれなりの想いがあったのでしょうが、子供が今後どうみられるか客観的な見方が必要なのだと思います」(同)

自分の気持ちを優先するか、子供の将来を優先するか。

キラキラネームの今後はやはり両親の行動にかかっているようです。

(文:有馬翔平)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル