top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

現役ワーママが実践する献立づくり&好き嫌い克服のコツは【たべぷろライター座談会】

たべぷろ

15分で完成する夕飯メニュー提案サイト「たべぷろ」に、いつもオリジナルレシピをお寄せいただいているライターの皆さんは、食のプロであり働くママでもあります。日々忙しいライターママさんらは、料理にどんな工夫をこらしているのでしょうか!? そんなコツを伺うために、「たべぷろワーママ応援レシピ2021夏賞」のオンライン表彰式とあわせて座談会を開催しました!テーマは「一週間の献立づくりのコツ」と「我が家のパパが作る絶品料理」と「好き嫌い克服のコツ」です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

座談会参加者

キッズ食育マスタートレーナー 松野文枝さん
キッズ食育マスタートレーナー 石動敬子さん
野菜ソムリエプロ 小島香住さん
料理家・食育インストラクター sato aiさん
フードアナリストMAYさん
たべぷろ編集長 貞苅江梨子
たべぷろ編集部 大滝江里加

表彰式の詳細はこちら
【たべぷろワーママ応援レシピ2021夏賞】オンライン表彰式を開催!

食のプロは「食材をどう生かすか」を大切にしている!

貞苅:『食のプロ』として日々忙しく活躍されているワーママライターの皆さん。一週間の献立を週末に立てていますか? そのコツなどをおしえて下さい。

大滝:日本食糧新聞社の大滝です。今年の5月よりワーママデビューをしました。私の場合、買い物に行くことができるのは土日だけなので、土日にまとめ買いをし、月曜日から金曜日までの主食をざっくりと決め、スマホのメモ帳に書いています。また、土日に一週間分の野菜を作り置きにし、平日は仕込んだ野菜を炒めたり、煮たりするだけに済ませています。

広告の後にも続きます

まとめ買いで1週間献立を作ってみた!1食350円でも栄養バランスは整う【買い物リスト付き】

貞苅:土日など時間のあるときの下ごしらえは、とても重要ですよね。

satoさん:以前は料理教室を中心に、コロナ禍の現在はライター活動を中心におこなっています。魚が美味しい地域に住んでいるので、魚料理を食べることが多いです。購入した魚はすぐにさばき、いろいろな味に漬け込み、あとは焼くだけ、衣をつけて揚げるだけの状態にして保存することが多いです。子どもも魚が好きなので、サバの味噌漬けや、今が旬のカツオもゴマ味噌に漬け込んで置くことで、魚料理+スープといったメニューを簡単に用意できるので楽チンです。

松野さん:私は週の半分以上は「青空キッチン」を主宰しているため、材料が余ることが多いので、考えていた献立を作るよりも、余った食材を料理することが多いですね。時短を心がけていますので、残った物で何をつくれるかを考えています。

▽「たべぷろワーママ応援レシピ2021夏賞」を受賞した松野さんのレシピはこちら

炊飯器に冷凍ギョーザを入れてガパオライス風に!ワーママ楽々夜ごはん15分レシピ

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル