top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

吉野北人主演『トーキョー製麺所』第3話 追加キャスト&場面写真が一挙解禁

ニュースサイトしらべぇ

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの吉野北人が主演を務めるドラマ『トーキョー製麺所』(TBS・MBS系)の第3話と第4話の追加キャストが解禁。また第3話の場面写真やサブカットも公開された。


■元ホテルマンの店長が奮闘するグルメ群像劇

同ドラマは、トラブル続きで窮地に陥ったうどんチェーン店「トーキョー製麺所」が舞台。不在の店長に代わって颯爽と登場した元ホテルマンの新店長・赤松幸太郎(吉野)が、庶民的なうどん店でバイトメンバーたちと繰り広げる、青春グルメ群像劇だ。

突拍子もない行動で店を混乱させる赤松だが、第2話では、突如バイトに来なくなった桃田(秋田汐梨)を迎えに行き、「桃田さんが必要です」と男らしく説得するシーンも。

さらに、21日放送の第3話では、バイトリーダーの青井(栁俊太郎)がなぜ29歳にしてバイト生活を続けているのか明らかになっていく。


■バイトの緑川に恋の予感

そんな第3話に登場するのが、追加キャストの奥山かずさ演じる、釜玉うどんをよく頼む常連客の釜本玉子だ。バイトの緑川義雄(奥野壮)と地元が一緒で、ある共通点があるのだが気付いておらず、緑川のことはちょっと天然な店員だと思っている。

広告の後にも続きます

ある日、赤松の「さまざまなポジションもやってみよう」という提案でホールを担当することになった緑川の元へ釜本が来店。不器用にアピールする緑川だが、2人の関係はどうなっていくのか。終盤にはパートの黄本節子(江上敬子)にも何かが起こる…。

■第4話には4人の追加キャストが登場
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル