top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中秋月餅大解剖!市場通りで1世紀。中華菓子舗「翠香園」の月餅のおいしさの秘密

80C[ハオチー]

2021年の中秋節(ちゅうしゅうせつ)は9月21日(旧暦8月15日)。中華圏では中秋の名月にちなみ、月餅(moon cake)を贈り合い、皆で食卓を囲む大切な祝日になっています。

そして月餅といえば、昨年注目を集めた記事が、横浜中華街の月餅食べ比べ。トータル1万kcal超?マイベスト月餅はこれだ!と題し、14店舗15種類の月餅を5人が食べ比べた結果、老舗「翠香園(すいこうえん)」の金華ハム入り月餅が、圧倒的な支持を集めたのです。

そこで今年、2021年は「翠香園」が今の時期だけ販売する、限定の中秋月餅にぐぐっとフォーカス。大女将の梁笑英(りょう しょうえい)さん、次女の盧順好(ろ じゅんこう)さんにうかがった昔ばなしを交えながら、こだわりの月餅についてご紹介します。

市場通りで約1世紀。横浜中華街最古参の中華菓子舗

「翠香園」の歴史は長く、横浜中華街の店の中でも最古参のひとつ。店のはじまりは中華小吃や菓子を出す店で、今もふらりと訪れるのは顔なじみが中心です。

「初代の盧譜章は1900年初頭、まだ10代のときに日本に来たと聞いています。店を構えたのは昭和元年(1926年)ですが、商いは関東大震災(1923年)の前からここで始めていますね。なぜなら、今と同じ『(山下町)148番』という住所の記録が残っていますから。当時は肉まんやあんまんをつくり、ここでお茶を淹れて、食べていってもらえるような場所だったようです」

先代の奥様であり、大女将の梁笑英さん。家族とともに、今も毎日店頭で接客をしています。

広告の後にも続きます

かつては肉、魚、食材店などが軒を連ねた市場通りですが、現在はすっかり様変わり。「今もあるのは、食材店の『さかもと』『新合隆商店』『栄興號』くらいかしら。100年近いのはうちだけ。

昔からのお客さんからは、『麻棗(ゴマの揚げ菓子)おいしかったなあ。もう作らないの?』と言われたり、『花生糖(ピーナッツ菓子)また食べたいなあ』と言われたり。何度も来られる方は、お連れさまにご自分でお菓子の説明をしてくださったり、忙しいときはちょっと待ってくれたり。ありがたいですね」

現在の市場通り。占いの店が増えました。

店頭に並ぶ中華菓子は、煎堆(チントイ|揚げごま団子)や、発酵生地を使った中華まん、愛らしいかたちのイエター(椰挞|ココナッツカスタードパイ)、蒸しケーキの馬拉糕(マーラーカオ)、神奈川県指定銘菓に選ばれた玉帯糕(ぎょくたいこう)など、常時20種類ほど。

発酵生地は、すでにある生地に、新しい生地を継ぎ足しながらつくる老麺発酵で、肉まん、あんまん、叉焼包(チャーシューまん)、花巻の4種類を常備。あんや生地はつくり置きせず、つくったぶんを売り切るのが昔からのスタイルです。

常連さんそれぞれにお気に入りがあり、うっかりしていると売り切れてしまいます。 いつもショーケースの左上の棚にあるイエター(椰挞|ココナッツカスタードパイ)。パイ生地に軽やかなココナッツのフィリングをたっぷりのせて焼き上げています。

菓子づくりは、梁笑英さんの長女・盧智好さんとベテランのパートさんを中心に、家族みんなが手伝ってつくる家内制手工業。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル