top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

手術した子供たちを元気づけるため、治療後の患部に手描きのイラストパッチを付けてあげる医師(アメリカ)

カラパイア

子供たちを元気づける為手描きのイラストパッチを治療後の患部につけてあげる医師
image credit:Akron Children’s Hospital/Facebook

 病気や怪我などで入院している子供たちを見守る親や医師らは、外科的手術を必要とする子供たちがその記憶や傷に永久的に苦しめられないことを願うばかりだ。

 アメリカ・オハイオ州にある子供病院の外科医師は、手術を受けた子供たちの治療後の患部に、1つ1つ手描きしたイラストを貼って傷口を隠してあげている。子供たちが少しでも前向きに元気になってもらいたいという願いを込めて。



image credit:Akron Children’s Hospital/Facebook

手術痕を隠すため手描きイラストパッチをつけてあげる小児外科医師

 オハイオ州にあるアクロン子供病院のロバート・パリー小児外科医(62歳)は、手術で傷を負った子供たちを元気付けるため、手術後に貼った治療用テープの上に、手描きイラストのパッチを貼って傷を隠すというユニークで心温まるアフターケアを実施している。

 パリー医師がこれまでに手掛けたイラストは、1万点以上にものぼり、それらは子供たちの好きな様々なアニメキャラクターだ。
pic_e
image credit:Akron Children’s Hospital/Facebook

 アナと雪の女王のオラフだったり、スヌーピーやくまのプーさん、イーヨー、またスーパーヒーローなど、子供たちのリクエストにあわせてペンを握るパリー医師の姿が、去年1月にアクロン病院のFacebookでもシェアされた。

手術の記憶やトラウマを軽減する手助けに

 パリー医師は、メディアのインタビュー内でこのように話している。
オハイオ州ベセスダで、私が研修生として働いていた病院にペリー・スタッフォード医師という小児外科医がいました。

彼は、手術をした子供たちにとサメの形に包帯を切っていたのですが、患者の家族からとても好評で、私はなんて素晴らしいアイデアなんだと思いました。

それから私も男の子の患者にはサメ、女の子の患者にはハートの形で包帯を切るようになりました。

年月を経て、今は手描きのイラストを作成し、私の病院の全ての子供たちはユニークな包帯をつけていますよ。
 事実、パリー医師の思いやりあるアフターケアによって、実際に子供たちの手術に対するトラウマや記憶が軽減するという。
家族がストレスを感じている時、笑顔をもたらすための手助けができるのは嬉しいことです。

手書きのイラストを貼ることは、私が患者とその家族のためにできる前向きなことであり、私が最も気に入っていることでもあります。

1_e0
image credit: youtube

 パリー医師の手術を受けた子供たちの親も、彼の心遣いに感謝しており、Facebookには「辛い子供の心を慰めてくれた」というコメントが相次いでいる。

 なお、手術室でメスを握った後、ペリー医師は子供たちから手術前にリクエストされたイラストを描くためすぐにペンを走らせるが、ペンなどは全て殺菌消毒されており、傷口に安全な素材に描くため、患者の安全と衛生は守られている。
3_e0
image credit: youtube


2_e0
image credit: youtube

 思いやりある配慮で子供たちに接するパリー医師の姿に、多くのユーザーらは「シンプルだけど、とても心温まる行為」「子供と家族にとってとても癒されるだろうね」「心がほっこりした。こんな医師が世の中にもっと欲しい」「小児科外科医の鑑だね」といった声が寄せられている。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル