top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「運転中に『ガーン!』と音がして、車が故障。避難した駐車場にいた、マッチョな若者たちに助けを求めると…」(青森県・50代女性)

Jタウンネット

運転中、車が故障してしまったら大変だ。タイヤのパンクなどであればともかく、ガソリンが漏れてしまうなんてことになれば、車が動かないだけでなく命の危険だってある。

突然のトラブルにどう対処すればいいかわからずパニックになる人もいるかもしれない。

Jタウンネットが、皆さんの思い出に残っている、親切にしてくれたあの人、助けてくれたあの人への「『ありがとう』と伝えたいエピソード」を募集したところ、青森県の50代女性S林さん(仮名)から、まさにそんなアクシデントに見舞われたという体験談が寄せられた。

3ヶ月ほど前。S林さんが夫の運転で埼玉県大宮市から青森県八戸市へと帰る途中の出来事だ。

さいたま市岩槻区を走行中、彼女たちの乗っていた車からガソリンが漏れ出してしまった。

広告の後にも続きます

慌てて近くの駐車場に停車させたS林さん夫婦。馴染みのない土地で、どうしたらいいかわからず途方に暮れていると……。

「シカトされるのも覚悟して…」

21年6月19日の20時ごろのことです。夫の運転で埼玉県大宮市から青森県八戸市に帰ろうとしていました。

さいたま市の岩槻区に差し掛かった時、走行中に「ガーン!!」と音がした後、車内がガソリン臭くなってきました。

慌てて近くの飲食店の駐車場に入り確認したところ、車のタンクからガソリンが大量に漏れていました。しかし、土地勘も無く、頼れる知り合いもおらず、どこのJAFに連絡すればいいのかすらわからなかった私たちは、雨が降っている中で途方に暮れてしまいました。

そこで、すがる思いで駐車場にいた黒のワゴン車に駆け寄り、ドライバーに声を掛けました。車に乗っていたのは20代男性の2人組で、シカトされるのも覚悟していました。

すると、彼らは雨にも関わらずすぐに車を降りて来てくださり、駐車場にあったもう一台の車に乗っていたお友達にも声を掛け、三人で夫の話を聞いて、JAFに問い合わせして下さいました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル