top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

岸優太“深澤”が喝!後輩の成長に田中圭“成瀬”も安堵

テレビドガッチ


波瑠が主演を務める月9ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の最終話が、9月13日に放送。ネット上では、成瀬暁人(田中圭)と深澤新(岸優太)​​の電話シーンに胸が熱くなるコメントが多くあった(以下、ネタバレが含まれます)。

救急医療の働き方改革として試験的に結成された夜間勤務だけを専門に行う医療チーム「ナイト・ドクター」が、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合いながら唯一無二の絆を紡いでく、完全オリジナルの“青春群像医療ドラマ”。

本郷亨(沢村一樹)からチームの解散を伝えられた一同。これまでナイト・ドクターの重要性について熱弁していた本郷だが「解散を心から喜んでいる」という。​​夜間専門の医師を雇ったことで救命救急センターは赤字続き。しかし、「あさひ海浜病院」全体として見れば、入院患者やオペ数が増えて、利益につながっている。この制度を普及させるため、柏桜会グループの主要病院でも施行されることが決まった。5人はバラバラになって、各病院で力を発揮してほしいという。もちろん、断ることも可能だ。朝倉美月(波瑠)たちは悩みながら仕事を続ける。

そして、成瀬が本郷から指揮を任された日に限って事故が多く、それぞれが現場に出向き、難しい判断・対処に追われることとなる。深澤​​は、ゴミ処理場にて右足をコンベアに巻き込まれた男性と対峙。難しい現場で1人、さらに心配する他の従業員からのプレッシャーもあって自信が持てない。そこに成瀬から電話がかかってきた。「そろそろ弱音を吐いてる頃だろ。状況を伝えろ」と助け舟。彼からの話を聞いて、右足を諦めるしかないという成瀬だが、あくまで決断するのは深澤だ。深澤は重傷者の命を救うため、右足を切断する判断を下す。

切断のジャッジをしたことで、ほかの従業員からクレームを受ける深澤だが「静かにしてください!」と一喝。「自分は生きたくても生きられなかった人たちをたくさん見てきました。でも今なら助けられます。彼に生きてほしいと思うなら、黙っていてください!」。彼の言葉に従業員たちは沈黙し、成瀬は、電話でその様子を静かに聞いていた。

その後、深澤は男性を搬送。美月や高岡幸保(岡崎紗絵)たちも難しい現場から重傷者を連れて戻ってきた。一方、病院にいた桜庭瞬(北村匠海)​​は、急変した患者の対応。看護師も驚く技術で処置を施した。5人は、改めてナイト・ドクターの重要性と向き合う。そして、それぞれの決断をくだして……。

ネット上では、深澤と成瀬の連携や信頼関係に「的確過ぎる」「痺れたなぁ」「電話泣ける」とのコメントがあった。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル