top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

乃木坂46 与田祐希、居酒屋の看板娘として癒しを届ける! 日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』レギュラー出演決定「元気や笑顔を届けられる存在になれていたらと」

Pop'n'Roll

乃木坂46の与田祐希が、10月10日(日)21:00よりスタートする日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』にレギュラー出演することが決定した。

原作は1973年に刊行された小松左京による『日本沈没』。刊行から48年の時を経て、原作に大きくアレンジを加えた同作では、原作でも描かれていた“環境問題”を2021年バージョンとして、今に照らし合わせて鮮明に表現する。

主人公を含め登場人物をオリジナルキャラクターにすることで、2023年の東京を舞台にした、今だからこそ伝えるべき物語を展開。沈没という目に見えない危機が迫る中で“見出していく希望”がテーマとなる。

今回、与田は、居酒屋の店員・山田愛(やまだあい)役でレギュラー出演。ゴールデン帯のドラマおよびTBSドラマは同作が初めて。

与田が演じる山田は、主人公・天海啓示(小栗旬)と常盤紘一(松山ケンイチ)が通う行きつけの居酒屋の看板娘。未曾有の危機を迎え、緊迫感のあるやりとりをくり広げる中で、天海たちがホッと一息つけるこの居酒屋は、仕事の緊張感から解き放たれる貴重な場所に。そして、その居酒屋で働く山田は天海たちにとって癒しの存在となっている。

日本が沈没するかもしれないという危機に直面した時、庶民である山田はどのように危機に立ち向かうのか。また、天海らはそんな彼女を見て何を感じ、何を決意するのかが見どころだ。

日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(©TBS)

コメント

与田祐希:
希望を信じて、過酷な状況にも立ち向かっていく人間の強さ、そして脆さも感じました。そんな中、私が演じさせていただく山田愛はとても明るく前向きなキャラクターなので、この作品の中で少しでも元気や笑顔を届けられる存在になれていたらと思います!

プロデュース・東仲恵吾:
以前、与田祐希さんが出演した映画を拝見した時、柔らかい雰囲気の中にも強い意志が伝わる眼差しが印象に残りました。今回演じる山田愛は、日常を生きている普通の子ですが、困難な状況に晒された時でも、なんとしても生きようとする意志が強い子でもあります。与田さんがこの役を演じたら、とても面白くなるのではと思い、お願いしました。彼女自身が持つ柔らかい雰囲気も相まって、『日本沈没―希望のひと―』にホッと一息、安心を与えてくれる役になりました。ぜひお楽しみください。

登場人物紹介
■山田愛(21):与田祐希(乃木坂46)
天海と常盤の行きつけの居酒屋の店員。北海道出身の天真爛漫な今どき女子。バイト先の居酒屋では持ち前の明るさとコミュニケーション能力から看板娘になっている。明るく陽気な性格だが、小学生の頃に両親を事故で亡くしており、6つ上の兄が親代わり。絵描きになりたいという夢を持ち、自力で学費を払いながら都内の美術専門学校に通っている。芯の強いしっかり者である。

日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』

広告の後にも続きます

放送日:2021年10月10日(日)スタート 毎週日曜21:00〜21:54
(初回25分拡大 21:00〜22:19)

■スタッフ
製作著作:TBS
原作:小松左京『日本沈没』
脚本:橋本裕志(『華麗なる一族』『獣医ドリトル』『LEADERS リーダーズ』)
プロデュース:東仲恵吾(『グッドワイフ』『グランメゾン東京』『おカネの切れ目が恋のはじまり』)
演出:平野俊一(『インハンド』『ノーサイド・ゲーム』『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』)/土井裕泰(『凪のお暇』「罪の声」「花束みたいな恋をした」)/宮崎陽平

■出演者
天海啓示:小栗旬
常磐紘一:松山ケンイチ
椎名実梨:杏
石塚平良:ウエンツ瑛士
相原美鈴:中村アン
安藤靖:高橋努
織辺智:浜田学
北川亜希:河井青葉
財津文明:六角慎司
大友麟太郎:山岸門人
仙石治郎:竹井亮介
白瀬綾:高野ゆらこ
山田愛:与田祐希(乃木坂46)
世良徹:國村隼
天海佳恵:風吹ジュン
天海香織:比嘉愛未
椎名和子:宮崎美子
長沼周也:杉本哲太
生島誠:風間杜夫
里城弦:石橋蓮司
東山栄一:仲村トオル
田所雄介:香川照之
ほか

■あらすじ
2023年、東京。東山総理(仲村トオル)は、世界環境会議で地球物理学の権威である世良教授(國村隼)のもと「COMS」のさらなる推進を高らかに表明した。さらに官房長官の長沼周也(杉本哲太)が、東山が“未来の日本”を見据えて、各省庁の優秀な若手官僚たちを集めた“日本未来推進会議”を発足すると発表。そのメンバーに環境省の天海啓示(小栗旬)、経産省の常盤紘一(松山ケンイチ)も選ばれていた。目的達成のために強引な手段もいとわない天海は、自身の提案を通したいがために東山総理にすり寄り、同時に総理の抵抗勢力である政界のドン・里城副総理(石橋蓮司)をも懐柔しようとする。さらには、両者に顔が利く「生島自動車」会長兼経団連会長の生島誠(風間杜夫)を、同期の常盤に紹介してもらい、近づいていく。

そんな折、ネットに関東沈没へ警鐘を鳴らす田所雄介(香川照之)の記事が載る。この記事が原因で、一部の団体がデモを起こし、天海は事態収束のために田所と対面する。しかし、田所は天海の話に一切耳を傾けず、“近い将来、伊豆沖で島が沈没する。その島の沈没は、私が恐れてきた関東沈没の前兆になる”という不気味な予言を放ち、天海は翻弄される。そんな矢先、天海は週刊誌・サンデー毎朝記者の椎名実梨(杏)に“Dプランズ”という環境ビジネスで稼ぐ企業と環境省のあらぬ癒着疑惑を突きつけられる。一抹の不安を抱えつつ、常盤とともに趣味のスキューバダイビングに出かけた天海は、そこで衝撃的な出来事に遭遇する……。

TBS公式YouTubeチャンネル『YouTuboo』では、出演者インタビュー動画を公開中。

TOPICS

ジャンル