top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ツナマヨ・ペヤングはチャーハンでこそ生きる!「なんでもチャーハン」史上トップレベルの一品が完成か?!

ガジェット通信

これは確かに美味いし、お酒のおつまみというのも納得。単体のツナマヨだと油っぽさと酸味がいささか強めですが、ペヤングに加わることで角が取れた印象。白米に合うツナマヨだからこそ、ペヤングでもイケるということなのか。

ツナマヨ・ペヤングをチャーハンにする“ベスト”な手順は?

まずはいつもの手順通り、麺を適度な大きさに砕いて水で戻します。ニュアンスとしては6~7割水を吸えば準備OK。水はあくまで少な目です。

今回は材料にツナがあるので、いつもの玉子は無しで進めます。従って最初はライスだけで炒める状態。素ライス炒めからペヤングを入れて、強火で余分な水分を飛ばしつつ焼き目をつけていきます。

さてツナマヨをチャーハンにするにあたり、一瞬悩んだのは調理法。チャーハンにマヨネーズを加えてパラパラに仕上げるレシピもありますが、ツナマヨ全部を加熱調理してしまったらマヨの酸味が失われてしまうのではないか、という不安もあります。

そこで今回の調理ではツナマヨ半分を加熱、残りはトッピングとしてみました。
塩味はペヤングのソースが頼りですが、油分が多いメニューなので先に少し塩コショウを足しておきます。

広告の後にも続きます

ソースも加えてサッと炒め、ツナマヨと特製ふりかけを散らしたら完成です。

これは、何? 何? 超旨いんですけど!

一口食べて改めて感じたのはペヤングとマヨの相性の良さ
トッピングを混ぜないチャーハン部分はクリーミーでいて酸味のアクセントもほど良く加わっています。

食べていてつくづくすごいなと思うのは、ペヤングのソース味をベースにした“別物”になっている点。化学変化起きてます。

ツナマヨ・ペヤングの時にも述べましたが、この組み合わせのすごいところは本来のソースが持つフルーティーで奥行きのある味わいが、玉子や油の持つコクや魚が持つうま味成分によって全体パラメーターを大きくしつつ、ほど良く絶妙な塩梅でバランスを変えているところ。

分けたツナマヨトッピングも大正解。フレッシュなマヨネーズとツナのストレートな味わいが、マイルドなチャーハンにアクセントを加えてくれます。

統一感を持たせつつも、出るところは出すというこのうま味のメリハリをこの一品が包み込んでいます。

あえてチャーハンにすることでツナマヨ・ペヤング単体(?)で感じていたオイリーさも軽減されていました。マヨのオイル効果でご飯もほどけ、いい具合のパラパラながらしっとりさもある“町中華風”に仕上がっています。チャーハンにすることで良さがプラスされた好例と言えるでしょう。

軽い気持ちで作り始めた今回のなんでもチャーハン、ひょっとしたらすごいメニューに出会ったかもしれないです。

カップ麺を用いたチャーハンらしくない仕上がりで、こういうオリジナルメニューが実はあるのでは? と思わせるようなマジのチャーハンぽさを備えているのが、ツナマヨ・ペヤングチャーハンでした。

これはちょっと、個人的にもリピートしてみます!

なんでもチャーハン
https://getnews.jp/tag/friedrice

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル