top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ツナマヨ・ペヤングはチャーハンでこそ生きる!「なんでもチャーハン」史上トップレベルの一品が完成か?!

ガジェット通信

ペヤングに ツナマヨを入れてェ! チャーハンを作るのだァ!

編集部ミーティングで下されたいきなりの指令。

当初は発言の意味も分からず、これを下した編集主幹はやっぱり狂ってるのかなあ、とほんのり心配になりました。

それでもいろいろ検索ワードをインターネットに放り込んでみたところ、どうやら“酒のつまみ”として部下が用意してくれたという“ツナマヨ入りペヤング”がSNSで話題になっていた直後というタイミングでの発言だったのです。

それがわかった筆者、「良かった……。狂った編集部の人は居なかったんだね」と、にこやかな顔でツナマヨ・ペヤングチャーハンの準備に取り掛かりました。

ツナマヨ・ペヤングの威力

広告の後にも続きます

チャーハンの前に、まずはツナマヨ・ペヤングがどういうものであるかを確かめることにしました。わかったようなつもりでいましたが、そもそもツナマヨ・ペヤングという文化はこれまでの人生には皆無でしたからね……。

まずはペヤング。これが無いと始まらない。

お湯を入れてペヤングを作っている間に、ツナ缶の汁(オイル)を切りましょう。オイリーな液体がほぼほぼ無くなったのを確認したら、好みの量のマヨネーズとツナを混ぜ込んでツナマヨ準備OK。

仕上がったペヤングにツナマヨを乗せ、ふりかけしたらツナマヨ・ペヤング完成です。

ペヤング、ツナ缶、マヨネーズ、すべて身近な材料ばかりだけど皆さんこうして会うのは初めてですね、というメンツなのですが、食べてみて驚き

ペヤング単体にマヨの酸味と魚の旨味が追加されることにより、全体に爽やかさと旨味の深度が増幅されました。ペヤングのソースが持つフルーティーさが際立ち、魚が持つイノシン酸でうま味の幅が明らかに増しています。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル