top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

描き方次第で簡単イメチェン!マネすれば即垢抜け♡「今っぽアイライン」の描き方4選

michill(ミチル)

描き方を変えるだけで即垢抜け♡印象がガラッと変わる「今っぽアイライン」の描き方4選

アイラインは、アイメイクの仕上がりをグッと引き締め印象的な目元にする大事なポイント。また描き方によって可愛くなれたり、ナチュラルな印象になれたり…簡単にイメチェンを叶えてくれます。だからいつも同じ描き方じゃもったいない!

今回はマネするだけで垢抜ける「今っぽアイライン」の描き方を4つご紹介します。イラストで描き方が確認できるからメイク初心者さんでも分かりやすい♪さっそくチェック!

自然な仕上がりで目を大きく♡ナチュラルライン

ナチュラルラインはアイラインの基本。線を引くのではなく「点と点をつなげる」イメージで描きましょう。

① ナチュラルラインには「ブラウンのアイブロウペンシル」がおすすめ。鉛筆と同じ持ち方で軽く持ちましょう。
② まつ毛の間を埋めるように「小刻みに左右に」動かしながら、まつ毛の生え際に色を塗っていきます。
③ はみ出した部分は「綿棒でぼかし」ます。
④ アイシャドウとグラデーションになるように、描いたラインをさり気なくぼかすとよりナチュラルなデカ目に見えておすすめです。

目の印象がグッとアップ!黒のインライン

インラインはまつ毛の生え際よりも内側に引きます。目の中にアイライナーが入りそうですが、逆手でまぶたを引き上げながら描けば大丈夫です。グッと目力が出ますよ♡

広告の後にも続きます

① インラインには「細い筆ペンタイプ」のリキッドアイライナーを用意します。カラーはダークブラウンやブラックがおすすめ。
② アイライナーを手に取り、まつ毛の「下側から」まつ毛の隙間を埋める要領で、色を少しずつのせていきます。
③ はじめは「目の真ん中から目尻にかけて」色をのせていきます。引き終わったら「目頭側に少しずつ」色をのせていきます。
④ まつ毛エクステをしている方は、下側からラインを引くのが難しいかもしれません。ショート丈のアイライナーを垂直に立てるようにのせると、まつ毛の間に筆先がうまくはまってラインが引きやすくなります。
⑤ 「なるべく細く」くっきりと入れると目元がはっきりして見えて、確実なメイク効果が得られます。まぶたの形に関係なく入れられるので、一重さんや奥二重さんの目力アップに効果的です♡

女っぽ全開♡はね上げキャットライン

目尻側がきゅっと上がったアイラインはちょっぴりセクシーに見えます。ラインの先端がスッと細く抜けるように描くのがポイントです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル