top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

気候変動を乗り切るため、野生動物たちの体に変化が現れている

カラパイア

気候変動に対応するため、動物たちの体に変化が生じている
 気候変動に適応しなければならないのは人間だけではない。それは自然界も同じで、野生動物たちも暑くなった世界に適応しなければならない。

 『Trends in Ecology and Evolution』(21年9月8日付)に掲載された研究によると、このところ動物の体形が変化しているのだという。地球温暖化の影響で、クチバシ・足・耳といった体温を調節するための器官が大きくなっていることがわかったという。

野生動物の体温調節

 耳や足、あるいはクチバシといった器官は体温を調節するのに役立っている。

 人間なら、暑い日には汗をかいて体温を下げる。だが多くの動物は、体から飛び出すようについている付属器官を使って体温を調節している。

 たとえば、ゾウの大きな耳にはたくさんの血管が走っており、これをパタパタとはためかせることで血液を冷やしたり、風に当てて熱を逃がすことができる。

 鳥はクチバシに流れる血流量を調節することで、体温を下げている。

鳥類の体温調節に必要な器官が大きくなっている

 オーストラリア・ディーキン大学をはじめとするグループによれば、地球温暖化による体形の変化は特に鳥類で顕著だという。

 オーストラリアに生息する数種のオウムは、1871年以来、クチバシ(ゾウの耳のように体温調節機能がある)の大きさが平均4~10%大きくなっている。そして、こうした変化には、夏の気温との相関がみとめられる。

 北米のユキヒメドリのクチバシも同様で、こちらは寒い時期に短期的に起きる大きな気温の変化とに相関が見られた。
1_e1
くちばしが体よりも熱いことを示すキングオウムの赤外線写真 / image credit:Alexandra McQueen

哺乳類の体も変化

 こうした変化は鳥だけでなく、哺乳類でも確認されている。

 たとえば、ヨーロッパやアフリカ北西部に分布するモリアカネズミはしっぽが長くなり、北米でもっとも一般的なトガリネズミの仲間はしっぽと脚が大きくなっている。いずれも体温調節に必要な器官だ。

 また、アフリカゾウの耳が大きくなっていることも確認された。いずれも体温調節に必要な器官だ。

Shape-shifting: changing animal morphologies as a response to climatic warming

気候変動に適応する為、動物たちの体に急激な変化が起きている

 鳥類学者のサラ・ライディング氏は、気候変動は人間だけの問題ではなく、「動物もこうした変化に適応しなければならないことを今こそ認識すべきです」と述べる。

 彼女によると、そうした変化はこれまでの進化の歴史で経験されてきたものよりも、はるかに短いタイムスケールで起きているのだという。そしてもちろん適応できる種も、そうでない種もいる。

 付属器官の大きさの変化は10%未満で、私たちの目にすぐに留まるようなことはないようだ。

 それでも「耳のような目立つ付属器官は大きなると予測されていますので、そう遠くない将来、実在のダンボが誕生するかもしれませんね」とライディング氏は語っている。

References:Animals “Shapeshifting” in Response to Warming Climate / Animals Are Changing Shape to Cope With Rising Temperatures | Science | Smithsonian Magazine / written by hiroching / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル