top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

夏菜&古畑星夏、“おばちゃん”森永悠希に感謝!?「猫柄のポーチから…」『スイートリベンジ』続編インタビュー

テレビドガッチ


2021年3月にフジテレビが運営する動画配信サービス・FODで配信開始された夏菜さん主演のドラマ『スイートリベンジ』(全6話)の続編が、早くもカムバック! 8月30日の第7話を皮切りに、毎週月曜24時に最新話が配信されます。なお、前作はフジテレビ(関東ローカル)にて毎週月曜24時25分に放送中です。

夏菜さん演じる主人公・マリコは、キノコを愛する地味な女性。恋愛とは縁遠く見えますが、実は株式会社スイートリベンジの社長という顔を持ち、オトコに酷いフラれ方をしたオンナから依頼を受け、“同じ痛み”をオトコに与えて復讐していきます。

前作に引き続き、森永悠希さんがマリコの相棒であるケンジを、古畑星夏さんが元々相談者でその後スイートリベンジ社の一員となるユミを演じています。待望の続編とあって、取材中にも笑顔が絶えない3人。終始楽しげに、撮影を振り返ってくれました。

――久々の再会はいかがでしたか?

夏菜:やっぱり2人を見ると落ち着きますし、前作の撮影からそんなに時間が空いたわけでもなかったので、「おはよー」ってスッと入るような感じでしたね。

森永:「あっ、戻ってきたな」という感覚はすごくありました。きちんとキャッチボールができている感じがあって、「これです、これです」と思いながらやっていましたね。

古畑:3人でワチャワチャするのが懐かしいなと思いましたし、尾行しているときにも「そうそう、この感じ」って。違和感なく、すんなり撮影に入れました。

――3人の仲も、より深まっているのでは?

夏菜:それが、3人のシーンが前作よりも少なかったんですよ。でも、どんなボールを投げても絶対に大丈夫っていう2人なので、安心して、安定感のあるお芝居ができました。

森永:実は、前作よりもカット尻のアドリブが増えたなという印象がありまして。僕が勝手に何か言うからなんですけど(笑)、それに対するユミちゃんの反応速度が前よりも上がっているなと。僕がボソッと言っても、すぐに返してくれるので楽しかったです。

夏菜:さすが、コンビ芸(笑)。

古畑:ユミちゃんは依頼人に感情移入しやすくて、ちょっとお節介な部分もあったりするので、役の影響もあるのかな。でも、私が感情移入しすぎてもフォローしてくれるので、お互いにいいコンビネーションだったと思います。

――前回は、空き時間に森永さんの料理話で盛り上がったそうですね。

夏菜:今回も、「やっぱり森永くんはおばちゃんだ」という話で盛り上がりました(笑)。

森永:あははは(笑)。

古畑:本当、それに尽きますよね(笑)。

夏菜:私が蚊に刺された時、「夏菜さん、これ」って、猫柄のちりめん布でできたポーチから薬を出してくれて、これはもう完全におばちゃんだなと(笑)。本当にありがたいなと思いましたし、あの猫柄は忘れられないです。あれは毎日持ってるの?

森永:毎日持ってます(笑)。虫刺されの薬とか、目薬とか、僕の常備薬が入ってるんですよ。

夏菜:「誰かにもらったの?」って聞いたら、「自分で可愛いから買いました」と言っていて、感覚までおばちゃんっていう(笑)。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル