top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

まるで海外の高級ホテルだ 大分駅ビルの屋上には、超絶景を楽しめる天然温泉が存在した

Jタウンネット

「おんせん県おおいた」というキャッチフレーズに、聞き覚えがあるだろう。

別府や由布院などの有名観光地を抱える大分県は、温泉の源泉数が約4400か所、湧出量が約27万リットルと、ともに日本一を誇る。またユニークな動画がSNSで話題となったこともあり、独自のイメージ戦略も功を奏して、日本一の「おんせん県おおいた」というブランド構築に成功している。

その大分県で、「いまベストの温泉地はここ」と、ツイッターなどで話題となっている施設がある。それが、ここだ。

写真のとおり、ビルの屋上に露天風呂がしつらえられているようだ。風呂に浸かり、夜風を受けながら、眼下の街並みと山、そして海を眺めることができるのか。なんて贅沢な風景だろう。まるで高級ホテルの屋上プールのようだが、これが温泉……?

ツイッターにはこんな声が寄せられている。

「シンガポールじゃん!」
「海外かと思いました」
「ここ最高です」
「夜景もものすごく綺麗でした」
「これは大分名物になっても問題ないレベル! 絶景!」

広告の後にも続きます

ツイッターでも絶賛を浴びているのは、大分駅直結の温泉施設「CITY SPAてんくう」の天空露天風呂だ。いったいどんなところか?

Jタウンネット記者は「CITY SPAてんくう」に取材した。

地下700メートルから汲み上げた温泉

Jタウンネットの取材に応じたのは、「CITY SPAてんくう」があるビル「JRおおいたシティ」を管理する企業「JR大分シティ」の温浴事業部担当者だ。

「CITY SPAてんくう」がオープンしたのは、2015年4月というから、もう6年以上も前になる。

「JRおおいたシティ」は大分駅直結の駅ビルで、19階~21階が「CITY SPAてんくう」。露天風呂は地上80メートルの21階にある。ここは天然温泉というが、どういう仕組みなのか、聞いてみた。

「地下700メートルから汲み上げた『大深度地熱温泉(古代の植物に由来する炭酸ガスを含んだ深層熱水)』で、とろみのある湯ざわりと美しい黄褐色が特徴です。
泉質は、ナトリウムー炭酸水素塩泉で、pH8.0の弱アルカリ性です。天然の保湿成分といわれるメタケイ酸を豊富に含み、入浴後は肌がすべすべになる『美肌の湯』です」(JR大分シティ担当者)

男性用の露天風呂と女性用の露天風呂がそれぞれあり、女性客が利用する際は、湯浴み着が用意される。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル