top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

武田鉄矢、『ワイドナショー』冒頭の謝罪に視聴者衝撃 長年ついてきた嘘とは

ニュースサイトしらべぇ

12日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に、歌手で俳優の武田鉄矢が出演。番組冒頭の謝罪が、視聴者のあいだで話題になっている。


■「人という字は…」は嘘?

番組が始まるとすぐに、MC・東野幸治から「『人という字は人と人が…』というのは真っ赤な嘘だったと」と、とつぜん振られた武田。

自身の代表作である『3年B組金八先生』(TBS系)の中で、中学校教師として生徒に向かって「『人』という漢字は2人の人が支え合った姿から成り立つ」と教える有名な一幕を指しているのだが、これについて武田は素直に「はい」と認め、深く頭を下げた。


■「よく調べましたら…」

武田いわく「よく調べましたら、あれは自立している(一人の)人の姿を横から見た(もの)」らしく、「ですから、嘘をついてました」と謝罪。

松本人志から「かなり長いこと嘘ついてましたよね」とツッコまれると、「すいません、すいません」「本当に(そう思ってた)」と照れた様子でコメント。「歳を重ねると、いろんなことが分かってきますよね、ぼちぼち」と語っていた。

広告の後にも続きます

■名シーンだけに驚きの声

『金八先生』と言われるとまず思い浮かんでくるシーンのひとつではあるが、これが間違っていたと分かり、視聴者は衝撃。「え、あれ嘘だったの!?」「信じてる人いっぱいいるでしょ」と驚きの声が。

一方で、嘘だと知っていた人もいるようで「あれは立ってる人をただ横向きに見たもの」「一人の人間を表した象形文字」といったコメントも寄せられていた。


■日本語は難しい?

学問に造詣が深い武田でさえ、誤って認識をしていたという「人」の漢字。ちなみに、以前しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,721名を対象に調査したところ、全体の68.5%が「日本語は難しいと思う」と回答している。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル