top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

コロッケ「ありのままの自分伝えたい」語った還暦前に終活ノート始めた訳

女性自身

コロッケ「ありのままの自分伝えたい」語った還暦前に終活ノート始めた訳

子供からお年寄りまで、知らぬ人はいない「ものまねレジェンド」のコロッケさん(61)。デビューから40年、今なお第一線で走り続けているが、その現役ぶりとは裏腹に3年前からエンディングノートを書いているという。

 

きっかけは‘18年に公開された映画『ゆずりは』。本名の滝川広志として、葬儀社の部長役を主演したことだったというが、家族に残したい思いとは。そして、「あの世」でやりたいこととは--?

 

■「日本の葬儀は暗い。僕の葬儀はとにかく楽しんでほしい」

広告の後にも続きます

 

「もともと、“人には宿命があり、それが病気であれ事故であれ、逝く時は逝く”という感覚が僕にはあったんです。『ゆずりは』をきっかけに、旅立つこと、そして、見送る側の人の気持ちが、より身近に感じられるようになりました。

 

そこで思ったことが『エンディングノートが一冊あれば、僕が誰とご縁があったか、人生の各場面でどういう気持だったかを伝えることができる』。全部を人に話してきたわけではありませんし、とくに家族に対しては自分がどういう人間だったかを伝えたくて、少しずつ書くようになりました」

 

一時代を築いたものまねタレントとしての矜持はもちろん、ありのままの自分の姿も書いている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル