top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

京都のパティスリー発!“香りを楽しむ”ためのジェラートセット!/スイーツ芸人おすすめのサプライズスイーツ vol.40

おいしいマルシェ

よろスィーツ! スイーツ芸人のスイーツなかのです。

手土産やプレゼントでスイーツを贈るとき、「なにこれ!」とか「こんなのあったの!?」と驚きとともに喜ばれると、ちょっと嬉しかったりしますよね。そんな「サプライズスイーツ」をご紹介するこの連載。第40回目は、香りを楽しむジェラートをご紹介します。

オリジナリティ溢れる芸術的なスイーツを作る京都のパティスリー「RAU」

「ここにしかないもの」。

このコンセプトをもとに、パティシエたちから生み出されるお菓子。ここだけでしか出会えない、一期一会のような体験をさせてくれるパティスリーがあります。

2019年、京都に誕生した「RAU(ラウ)」。気高く美しい、洗練されているなどの意味をもつ、古語の「らうらうしい」から名付けられています。

広告の後にも続きます

スタイリッシュで凛とした店内には、オリジナリティ溢れる芸術的なケーキ、チョコレート、焼き菓子が並び、まるで美術館にいるようなワクワク感。

お菓子を通して新たな気付きがあったり、今までになかった美味しさを楽しめるという点で、パティスリーでありながら、まるでラボのような印象も抱く、ステキなお店です。

香りと記憶を結びつける新しいジェラート

RAUのパティシエのひとり、シェフショコラティエールの高木幸世さんが手がけた「ジェラートKoki」は、「香りを調合する」をテーマに考案された、ジェラートです。

香りを意識したお菓子は多いけれど、「香るモノを作る」のではなく、「香りを作るヒト」になりたかったと、高木シェフ。

「あれ、なんかこの匂い懐かしいなあ」。そのような体験、一度はしたことがあると思うのですが、同時に、突然その時の情景がぱっと頭に浮かんできたことありませんか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル