top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「13歳、真夏の大冒険」の倉田アナ、スケボーコント参加

テレビドガッチ


9月10日に放送される『新しいカギ』(フジテレビ系、毎週金曜20:00~)は、2時間スペシャル。東京五輪のスケートボード女子ストリート・決勝で実況をつとめ、「13歳、真夏の大冒険」という名フレーズを残したことで大きな話題となった倉田大誠(フジテレビアナウンサー)が、新作コントに参加する。

同番組は、チョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)、霜降り明星(せいや、粗品)、ハナコ(菊田竜大、秋山寛貴、岡部大)の3組がレギュラー出演するコント中心のお笑いバラエティ番組。

今回、倉田が参加するコントは「スケボーゴン攻めビッタビタ選手権」。スタジオには、20m以上はありそうな長いスケートボードのコースが作られ、その先にはなんと氷水がたっぷり入ったプールが準備されている。こちらのコントでは、レギュラーメンバーの松尾、せいや、粗品、菊田、秋山そして岡部が、それぞれスケボーに乗って、ゴン攻めし、氷水に落ちる手前のビッタビタゾーンに止まれば、チャレンジ成功! というゲーム形式のコントとなっている。そして、そんな選手権の実況を務めるのが倉田、その隣で解説を務めるのが、長田演じるオサジリだ。

コースには、違う傾斜の坂が3つついており、どの坂を下るのか、そしてどんな姿勢で降りてくるかはそれぞれの判断に任せられている。メンバーがそれぞれ個性豊かな滑り方でゴン攻めしてくる様子を、倉田は普段のスポーツ実況同様、事前に仕入れたメンバーらのプチ情報を交えながら、五輪実況を彷彿とさせるような切れ味鋭い中にも温かみのある、コントらしからぬまじめな実況で笑いを誘う。そして長田演じるオサジリも、実際の東京五輪のスケートボード女子ストリート・決勝で解説を務めたプロスケートボード選手・瀬尻稜を思わせる言葉選びで、面白おかしく「ゴン攻め」「鬼ヤバイ」などの若者表現を交えながらで6人の滑りだけではなく、笑いの取り方についても解説する。

コント冒頭では五輪で話題となった実況について、松尾から倉田に対し、「あのフレーズは、前から考えていたものだったのか?」と、誰もが気になっていた質問がとんだ。倉田からは意外な返答があり、レギュラーメンバーは「え~!? そうだったの?」と興奮の声をあげる。

なお前回の放送では、ガレッジセール・ゴリ演じるゴリエが出演。松尾とせいやを従えて「Pecori Night」を披露した。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル