top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

松本若菜、伊野尾慧の気遣いに感激!

テレビドガッチ


松本若菜が、9月11日に放送される『東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~※この日は24:00~)の第6話に出演する。

原作は、澤村御影の「准教授・高槻彰良の推察」シリーズ(角川文庫/KADOKAWA)。“異能”を持った准教授と“孤独”を抱えた少年の目線を通じて、“人とつながること”の大切さを描いたヒューマンミステリー。伊野尾慧(Hey!Say!JUMP)が完全記憶能力を持った大学准教授・高槻彰良を演じ、神宮寺勇太(King & Prince)が怪異を経験し“嘘”が分かるようになってしまったために“孤独”を抱える大学生・深町尚哉を演じる。

第6話では「図書館のマリエさん」と呼ばれる暗号解読型の珍しい呪いが登場。その呪いのせいで事故に遭いかけたという女子中学生・美弥(横溝菜帆)と、その親友・柚香(平澤宏々路)の話を聞いた高槻たちは、謎を解くため図書館へ。そこで美しくも影のある図書館職員・雪村桃子(松本)に会う。雪村のその影はどこから来ているのか? そして高槻は暗号を解き、美弥の呪いは解けるのか?

先週放送された第5話「呪われた部屋の怪」では、何度引っ越しても怪異に遭う声優志望の女性の役を、元「モーニング娘。」の鞘師里保が好演。謎が解明されるクライマックスの約10分間、予想のナナメ上を行く展開に「講義がきれいな伏線になってる!」「今までにない新しいジャンルを確立しているのでは……!」との声がSNS上で寄せられた。

<松本若菜 コメント>
――雪村とご自身、共通する点はありますか?

私自身どちらかと言えばインドア派、家で一人で趣味を楽しんでいるタイプです。だからと言って、雪村のように普段から暗いわけではないんですけど(笑)。今日が撮影初日ということもあり、役作りとして声のトーンを落とし気味に演じたところ、監督がリハーサルの時点で「あまり暗くなりすぎないで」とおっしゃいまして……実は私“幸が薄いキャラ”なんですよ!(笑)。本当にそういう役柄が多いので、少しそっち方向に引っ張られがちになってしまうのですが、監督が「雪村は胸に抱えているものがありながらも、前に進もうとしている役なので、あまりにも過去を引きずりすぎて暗くなるのもおかしい」とおっしゃられて、急きょ役の方向性を調整するのに少しだけ時間はかかりましたが、撮影を続ける中でちょっとずつ雪村に近づけていけたかなと思っています。

――伊野尾さんとの共演経験はありますか?

伊野尾さんとは初共演です。とても明るくて、場の空気をすごく読まれる方でしたね。現場では座長としてリーダーシップを取って、私だけでなく(同じく第6話のゲストの)中学生役お二人にも積極的に声をかけたりと頼もしい姿が見られましたね。それに「伊野尾さんの誕生日が明日」という話から、私にも「何月生まれですか?」と聞いてくださって、私はかなりの人見知りなので「2月です」とお答えしただけなんですけど……(笑)。でも、そうやってゲストが緊張している気持ちを汲み取って、自然に話しかけてくださり「すごい気遣いができる方!」と感激しましたね。

――神宮寺さんについての印象は?

神宮寺さんも初共演です。普段はキラキラのアイドルなのに、今回はメガネで地味な大学生役という、見た目だけで言ったらかなりギャップがあるはずなんですが、現場でお会いしたら全く違和感がないんですよ! 通常、見た目が変わっても中身を一緒に変えるのってなかなか難しいと思うのですが、役者としてさらっとそれをされていたので「そういう才能があって羨ましいな」と思いましたね。神宮寺さんはお芝居をした後にモニターをあまり見られないんですが、かといって現場を離れるわけでもなく、常に現場にいらっしゃる。それは現場の空気感を楽しんでいるのか、それともその空気感をしっかりと自分のものにするために現場にいるのか、直接お聞きしていないので分かりませんが、その現場の居方から「きっと真面目な方なんだろうな」と思って見ていました!

――視聴者へのメッセージをお願いします。

衣装合わせの時に監督が「第6話はこのドラマでは珍しいキラキラとした話」とおっしゃていた意味が今日よくわかりました。もちろん切ないシーンもあるのですが、青春時代の甘酸っぱい記憶だったり、キュンとしてしまうようなシーンも見どころの1つなので“誰と誰がどうなってキュンとなるのか”を予想しながら見てもらえたら嬉しいです。あと今回“現代と過去をリンクさせる映像表現”が面白いんです。通常回想になるところをワンカットで見せるのは色々なタイミングが合わないとダメなんですが、それが上手くいき“(映像の)神様が風を吹かせた瞬間”もあるので、そこもお楽しみに!

<第6話あらすじ>
女子中学生が“図書館のマリエさん”に呪われたかもしれないという話が高槻(伊野尾)のもとに舞い込んでくる。図書館にある何冊かの本に書かれた数字を声に出して読むと呪われるという。呪われた少女・美弥(横溝)と友人の柚香(平澤)に話を聞き、謎を解くため図書館へ行く高槻と難波要一(須賀健太)。

一方、数字を読み上げてしまい留守番をする羽目になった尚哉(神宮寺)は生方瑠衣子(岡田結実)の様子が少しおかしいと感づき……そんな中、高槻は図書館職員の雪村桃子(松本)が何か隠し事をしていることに気付く。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル