top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

80年代にタイムスリップ!アメリカのマクドナルド廃墟を探索

カラパイア

80年代に建設されたマクドナルド廃墟を探索(アメリカ)
 廃墟にはたまらない魅力がある。朽ち果てたその姿からは想像もつかないほど、かつては栄えていた時期もあったのだ。想像力が掻き立てられるわけだ。

 このほど、80年代建設され2007年に放棄されたアメリカのマクドナルドの店内の様子が公開されていた。日本のマクドナルドとはまた違った趣があるようだ。



Abandoned Mcdonald’s | Time Capsule

廃墟になったマクドナルドを探検

 都市探査員を名乗るTriangle of Massさんは、廃墟となった建物をYouTubeなどで公開している。最近、投稿されたのは廃墟と化したマクドナルドの建物だ。

 中には、テーブルや椅子、コンピューターモニター、調理器具や加湿器具、ソフトドリンクマシーン、ホットチョコレートマシーンなどが残されてあった他、チキンナゲットの箱、食品メニューの看板、ゴミ箱など多くの内装がそのままが取り残されていた。
2_e
image credit:carbonbasedcat/Reddit

 それらは綺麗な状態で保たれており、まるで80年代のタイムカプセルのように感じたという。

 事実、このマクドナルドは1980年代半ばに建てられたもので、2007年に閉店となったようだ。
5_e
image credit: youtube

 動画では、ギリシャのアテネで開催された2004年夏季オリンピック時に作られた特別なマクドナルドのバッグも映し出され、それを懐かしむユーザーらの声も寄せられた。

素晴らしいレトロ感を放っていたマクドナルド

 動画を見た多くのユーザーらからは、「この店は以前にタコベルだったのではないか」というコメントが上がった。

 テーブルと椅子の色褪せたピンク&ブルーの配色やフロントカウンターの下のタイルがタコベル店の特徴を示していたからだ。

 しかし、マクドナルド社によると1980年代半ば頃にこの配色を使用していたことを認めており、タコベルとは何の関連性もないことが明らかになった。

 今回のマクドナルドの廃墟の場所を明確にしていないTriangle of Massさんは、このように話している。
何が驚いたって、内部の全てが無傷で何1つ破損したものがなかったということです。

まるで、誰かが建物を購入して当時の全てのものをそっくりそのまま配置したという感じでした。

とても素晴らしいレトロ感を放っていました。

廃墟となったこのような場所は、今はただ放棄されそこにあるだけの存在ですが、その昔は誰かがここを歩き使用していたことは確実で、一時的にでもそこで活動があったという歴史が、これらの置き去りにされた全てのものから伝わってくることは非常に魅力的です。
 Triangle of Massさんのように、廃墟に魅せられた人は多い。彼は、「廃墟の動画をシェアしていくには、まず探求して事実を確認しなければ正確に伝えることはできない。息をのむような素晴らしい雰囲気を漂わせている廃墟をみなさんに伝えていくことができるのは喜びだ」と語っている。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル