top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

少女が運命の出会いを信じてひたむきに生きる青春ラブストーリー「青夏 きみに恋した30日」(2018)

エンタメウィーク(映画)

少女が運命の出会いを信じてひたむきに生きる青春ラブストーリー「青夏 きみに恋した30日」(2018)

解説

講談社「別冊フレンド」で2013年から17年にかけて連載された南波あつこの人気コミックを、NHK連続テレビ小説「わろてんか」の葵わかなと「ちはやふる 結び」の佐野勇斗の主演で実写映画化した青春ラブストーリー。運命の恋を夢見る都会育ちの女子高生・理緒は、大自然の広がる田舎で夏休みを過ごすことに。そこで地元の男子高校生・吟蔵と出会った理緒は、一見クールだけど実は優しい吟蔵に心を奪われるが、「住む世界が違う」とあっさりフラれてしまう。そんな折、理緒に思いを寄せる祐真が東京から会いにやって来て……。共演にも「一週間フレンズ。」の古畑星夏、「宇宙戦隊キュウレンジャー」の岐洲匠ら注目の若手キャストがそろう。「青空エール」の持地佑季子が脚本、「今日、恋をはじめます」の古澤健がメガホンをとる。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

アオハル進行形さん ★★★★★

南波あつこによる漫画『青夏 Ao-Natsu』を実写映画化した本作。ボーカルダンスユニットM!LKのメンバーであり、『ちはやふる -結び-』や『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』で知られる佐野勇斗と葵わかながダブル主演しています。

夏休み、東京に住む奥手な主人公・理緒が弟と一緒に田舎で過ごすことに。そこでの吟蔵との出会いに運命を感じてしまう主人公。最初から彼女の夢みがちな恋愛観を友達が突っ込んでいたり、吟蔵と会ってすぐに好きになっちゃうあたりとか、めちゃくちゃ若いなと思うわけですが、それも可愛さ。

猫をかぶっていた吟蔵とバチバチしていたと思ったら、告白してフラれる。それでもめげずに告白して「一夏でいいから、東京に帰ったら忘れるから」なんて言えてしまう理緒。その熱力がすごい。

とはいえ、やっぱりそれぐらい猛烈にアタックすると状況も変わってくるもので。吟蔵も彼女のことが気になり出して、将来の夢を触発されたり東京行きも視野に入れてしまう。ゴリ押しの恋愛も一つの正攻法だと教えてくれる、ある意味大人になって引きがちな恋愛ばかりしている人には目から鱗の作品でした。


「青夏 きみに恋した30日」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル