top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「幼い息子と乗った新幹線、隣の席には酔っ払いのおじさんが。『ハズレくじだ』と思い、警戒していたら…」(兵庫県・50代女性)

Jタウンネット

新幹線で移動する際、家族やグループでの旅行でもない限り、隣の席には見知らぬ人が座る場合が多い。

それがどんな人かで、旅の快適度は大きく変わる。

もし酔っ払いだったら……しつこく絡まれるかも、と身構えてしまう人もいるだろう。

コロナ禍でなかなか旅行に行けない今、かつての楽しい思い出を振り返ろうとJタウンネットが「旅先でのいい話」を募集したところ、兵庫県の50代女性N乃さん(仮名)から、まさにそんなエピソードが寄せられた。

「え、隣の席がヤバい人だったっていう話じゃないの?」と思った読者の皆さん、安心して欲しい。これはあくまでも「いい話」なのだ。

広告の後にも続きます

それは今から20年ほど前。N乃さんの18歳の息子がまだ赤ん坊だった時のこと。

彼女が確保していた新幹線の指定席の隣には、一人の酔っ払いおじさんが座っていた。

「ねぇ、抱っこしていい?」

「東京の実家から神戸に帰る時のことです。私が取った新幹線の指定席の隣に、酔っ払っているおじさんが座っていました。しかも、始発の時点で」(N乃さん)

内心「あ~、ハズレくじだ」と思いながら席に座ったN乃さん。「何もトラブルが起きなければいいけれど」と心配していたのだが……。

「おつまみを食べ、缶酎ハイを呑みながら、おじさんは息子を見ては『かわいいなぁ…かわいいなぁ…』と言ってあやしてくれます。
そして、『生後何ヶ月か?』『どんな物が食べられるのか?』など質問して来て、話しているうちに悪い人ではなさそうだとわかってきました」(N乃さん)

彼女の心配とは裏腹に、おじさんはとても気さくな性格だったそうだ。

「新横浜を過ぎて名古屋までノンストップのタイミングで、『ねぇ、抱っこしていい?』と言ってきました。断る理由もないので抱っこしてもらうと、『すぐ後ろのデッキまで散歩してくる』と言って歩いていきました」(N乃さん)

これまでのおじさんの優しいふるまいと、しばらくは止まらない新幹線。何も起こることはない、N乃さんは感じたのだろう。もしかしたら、おじさんも彼女に無用な心配をさせないために、そのタイミングで切り出したのかもしれない。

車両の一番後ろの席に座っていたN乃さんが時々振り向くと、おじさんと息子は窓の外を見ながら楽しそうにしていたという。

「あの時のおじさん、ありがとう」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル