top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

全国発送OK!瀋陽・老辺餃子の流れを汲む餃子の楽園|台東区根岸「鴻福餃子酒場」

80C[ハオチー]

「老辺餃子舘」。その名前は、餃子好きならご存知の方が多いことでしょう。遼寧省瀋陽にて1829年に創業した中華老字号(中国政府が認定した老舗企業)です。

制作精細(ひとつひとつ丁寧な作り)、皮薄肚飽(薄めでふっくらした皮)、柔軟肉頭(柔らかな肉)、口味鮮醇(ジューシーで旨い味わい)、濃郁不膩(濃厚ながらも脂っこくない)。こうした数々の賛辞が並び、多くの人々に愛されてきた老辺餃子。

そんな瀋陽の名店「老辺餃子舘」の技を継承し、丁寧に作られた餃子を、ここ日本でも楽しめるのです! それが、今回紹介する「鴻福餃子酒場」です。

「鴻福餃子酒場」外観。場所は鶯谷駅、入谷駅からも徒歩圏内の東京都台東区根岸。

「老辺餃子舘」とのつながりは、店主・呉昌明さんの瀋陽での料理人時代。呉さんが「北都酒店」に勤め始めたとき、師匠となったのが「老辺餃子舘」で10年ほど腕をふるっていた料理人でした。

そこで老辺餃子の技をみっちり叩き込んでもらった呉さん。来日後、いくつかの中華料理店で経験を積んだのち、2010年に「鴻福餃子酒場」を開業。

広告の後にも続きます

当初は呉さん自身が厨房に入っていましたが、店舗が増えて経営にまわった今は、呉さんから技術を受け継いだ厨房スタッフが餃子づくりを担います。2021年3月には、店の奥にある座敷個室を改装し、新しい餃子工房が誕生。中ではスタッフが寸暇を惜しむようにコツコツと餃子を包んでいました。

大盛りも瞬殺の予感!たまご・エビ・ニラの三鮮水餃子が一番人気

ランチタイムは、さまざまな餃子が選べる「餃子セット」に、日替わりを含む「鴻福定食」、麺類やチャーハンなどを提供。写真は「黒和豚肉使用 水餃子セット」に「豚肉焼餃子(3個)」を追加したもの。メインとなる水餃子は並盛8個。大盛12個も選べます。

「黒和豚肉使用 水餃子セット 並盛(8個)」と、追加で「豚肉焼餃子(3個)」(写真奥)。定食はライス、スープ、小菜、漬物付き。この日はデザートの杏仁豆腐もセットに。

水餃子の餡は「三鮮(たまご・エビ・ニラ)」。店員さんによると、豊富な餃子ラインナップの中で「三鮮」が一番人気だそう。たまごのフワッとした軽やかさと、エビのプリッとした力強い食感がやみつきに。これは大盛でもペロリと完食できたのでは!? と思ってしまうほど!

追加した焼き餃子は、キャベツや生姜などの野菜と豚肉がみっしり詰まってボリューミー。皮のもっちり感に加え、カリッと焼き付けた面もまた旨い!

「豚肉焼餃子(3個)」。ランチセットにプラス200円で追加できます。

現地の人から見れば、餃子の定食は“主食(餃子)+主食(米)”という不思議なスタイル。中国人の友人から驚きのツッコミを受けることもありますが、やはり美味しい餃子はごはんもすすんでしまいますね。

ディナーの主役は裏メニュー!? 4種4色多彩な餡に注目!

一方、ディナータイムのおすすめは、実は…メニューに載っていない餃子です。注文は「彩色餃子(cǎi sè jiǎo zǐ|ツァイスァジャオズー)」、もしくはこの記事の写真を見せたら一目瞭然!

「彩色餃子」980円。餡と皮色の組み合わせは、訪問時のもの。内容は時折変更しています。
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル