top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

唐辛子×納豆の世界を堪能!『孤独のグルメ』松重豊インタビュー|新小岩「貴州火鍋」の愛しきメシ泥棒たち

80C[ハオチー]

「次回はいったいどの店だろう?」と、井之頭五郎ファンを楽しみにさせてくれる『孤独のグルメ』の新ロケ地。ぱっと見わからないこともありますが、「これは!!!」と一目瞭然な場合もありますね。

例えば2021年8月20日(金)放送の『孤独のグルメ Season9』第7話。この回は、番組のオフィシャルサイトに「貴州本格火鍋」「新小岩」の告知が出るや否や「これはもう『貴州火鍋』の店名が出たようなものでは…!」と中華好きをざわつかせました。

中国料理の中でも、控えめに言ってマイナーな貴州料理。そんな地方の美味を『孤独のグルメ』が採り上げたことは胸アツです。そこで今回はテレビ東京の協力のもと、井之頭五郎を演じる松重豊さんに、『貴州火鍋』で体験した貴州料理についてお話をうかがってきました。

火鍋の登場は番組初。しかも貴州の火鍋です!

『孤独のグルメ』で、火鍋を採り上げるのはこれが初めて。一方、松重さんの火鍋体験を聞いてみると「火鍋は、僕はもうほんと大好きで。中国のいろんなところで食べています」と、実は火鍋LOVERだったことが判明!

広告の後にも続きます

赤と白の2色のスープで食べる鴛鴦火鍋と、北京をはじめ、北の方で食べる酸っぱい白菜の鍋、酸菜白肉鍋も食べたことがありますね」。

さすが、“鍋を火にかけて食べる料理=火鍋”という、中国料理の正しい認識もきちんと理解されていらっしゃいました。しかし、貴州省までは知らなかったようで…。

「申し訳ないです。貴州省、ぜんぜん知らなかったし、あとで地図を見て、こんなところにあるんだ、というくらいイメージがなかったんですよ。貴州の火鍋というのも、残念ながら存じ上げませんでした。初めてでしたね、ええ」。

まずは前菜から味わう井之頭五郎(松重豊さん)。photo ©テレビ東京

「貴州流のおもてなし、ありがたくいただこう」

井之頭五郎も、演じる松重豊さんも初体験となった貴州料理。そんなドラマの中で印象を残したのは、やはり干し納豆を使った豆豉火鍋(トウチひなべ:番組中では「納豆火鍋」)でしょう。

豆豉火鍋(トウチひなべ)のセッティング。右上は野菜やきのこ、豆腐、右下が干し納豆と唐辛子で味付けした豚バラ肉、手前はさまざまな薬味が入った貴州式のつけだれ・蘸水(ジャンシュイ)だ。photo ©テレビ東京

豆豉火鍋は、軽く味付けした貴州の乾燥納豆と、突いて軟らかくした唐辛子、生姜、にんにくを混ぜて作られる糍粑辣椒(ツーバーラージャオ)を合わせてつくる貴州省の郷土料理。見ての通り、納豆と唐辛子を掛け合わせているので、ごはんに合わないわけがない!

豆豉火鍋(トウチひなべ)は貴州の中でも貴陽から西と北が本場。この中に、干し納豆がゴロゴロと。photo ©テレビ東京

納豆がよく出てくるなあー」という台詞もありますが、この風味、松重さんはどのように感じたのでしょうか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル