top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「バスケやっててよかった……」車いすバスケットボール男子日本代表、アメリカと互角に戦い堂々の銀メダル

パラサポWEB

日本の車いすバスケットボール史に輝かしい1ページが刻まれた。東京2020パラリンピック最終日、9月5日に行われた車いすバスケットボール男子の決勝戦。日本代表は前回王者のアメリカに真っ向勝負を挑んだ。最後の最後までスコアが拮抗する激闘。最後は勝ち方を知るアメリカに敗れはしたものの、点差は60対64とわずか4点。堂々たる銀メダルだ。

夢の中にいるような試合

決勝戦こそ力が拮抗する展開となったが、実は、選手村に入村後、大会開幕前にアメリカと練習試合と行い、一度も勝てなかったという。そこから最終戦で互角以上の戦いを展開できたのは、大会を通じての成長抜きには語れないと、京谷和幸ヘッドコーチ(HC)は振り返る。

「初戦のコロンビア戦での勝利を機に、一戦ごとに強くなってくれた。その成長が自信になって、最終戦でいつも以上の力を出せたのではないか。今日のディフェンスが一番よかった」(京谷HC)

日本の成長はアメリカも感じていた。

豊島(左から4人目)は、京谷HC(右端)に「このチームは豊島じゃなければだめだった」と言わしめるキャプテンシーでチームをけん引した

「日本チームは、トーナメントを上がるにつれてどんどんレベルアップしていた。厳しい試合になると覚悟していた」(ロン・ライキンス監督)

広告の後にも続きます

藤本怜央(4.5)とブライアン・ベル(4.5)がティップ・オフした第1ピリオド、両チームで最初に得点したのは藤本。鮮やかなスリーポイントシュートを決めて見せた。試合をスリーポイントで入ろうと決めていることもある藤本だが、今回はそういうわけではない、と語る。

「夢の中にいたような感じで、スリーポイントを決めた実感がないんです。ただ、練習してきたスリーポイントが自分の体に染み付いていて、そこから行く自信があったのだろうと思います。そういう意味では、(最初はスリーポイントで行くと)決めていなかったけど、決めていたと言えるのかもしれません」

その後、日本のディフェンスが効いていたこともあり、アメリカはシュートを外す時間が続く一方、日本は得点を重ねる。しかし、ジェーコブ・ウイリアムズ(2.5)のシュートを皮切りに、アメリカは徐々に得点を決め始め、終わってみれば18対18の同点。第2ピリオドまでの前半を27対32と、アメリカの5点リードで折り返す。

攻守にわたってチームを引っ張ったベテラン香西。「ベースはすごく機能していた」

「決め切るアメリカ」に教えられたメダルの取り方

第3ピリオド、日本は香西宏昭(3.5)のシュートで同点に追いつくと、速攻から鳥海連志(2.5)のシュートで逆転に成功。すぐに追いつかれるも、46対45と日本の1点リードで、最終ピリオドを迎えることになった。

金メダルをかけた第4ピリオド、京谷HCは勝負に出る。

「アメリカと戦うなら、日本の10人の中で一番スピードのある、(クラス)2.0、2.5、2.5、3.0、3.5と合計13.5のラインナップ(※)で勝負すると決めていた」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル