top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

野生の母リスに孤児となった赤ちゃんリスを託したところ、受け入れてくれた!

カラパイア

野生の母リスに孤児となった赤ちゃんリスを託す
image credit: youtube

 アメリカ・アイダホ州に住む女性が、生まれて間もない孤児の赤ちゃんリスを保護した。懸命にお世話したものの、赤ちゃんリスはまだ母親が必要な時期で成長が思わしくない。心配になった女性はある方法を思いついた。

 家の近くの大きな木にやって来る顔見知りの野生のリスが助けてくれるかもしれない。そのリスは、最近赤ちゃんを産んだばかりで子育て中の母リスだ。

 女性は手のひらに孤児の赤ちゃんリスを乗せて母リスと引き合わせたところ、母リスは赤ちゃんリスを受け入れてくれた。

 「この状況はまさに奇跡。赤ちゃんリスが生き延びる可能性が大きくなった」と女性は喜んでいる。

孤児の赤ちゃんリスを保護した女性

 アイダホ州に住む女性はリスが大好きで、リスに関する知識もあり、近所に住むリスと定期的にコミュニケーションをもっている。

 ある日、女性は生後間もない孤児の赤ちゃんリスを保護した。

 リスはまだ毛が生えておらずピンク色をしていて目は開いておらず、動いていない。ナッツと比較するとその小ささがわかる。
baby_e
image credit: youtube

 赤ちゃんリスを保護してから2,3日たった。女性が懸命に世話をしていたが上手くいかず、成長が思わしくないようだ。

 このままでは死んでしまうかもしれない。心配した女性は、なんとか赤ちゃんリスに生き延びてもらいたかった。そしてある方法を思いついた。

子育て中の野生の母リスに孤児の赤ちゃんリスを託してみる

 それは、野生のリスに赤ちゃんリスを託してみるというものだ。

 「一番いいのはやっぱり母リスに面倒を見てもらうことよ。」と言いながら、女性は家の近くにあるる大きな木のある場所へ、赤ちゃんリスを連れてやってきた。

 女性はその木に棲む野生の母リスと顔見知りの関係で、定期的に餌をあげているのだという。
この木に棲むリスがお母さんリスなのを私は知っているの。だって、そのリスは赤ちゃんを連れているし、子育て中なのでお乳が大きいの
 そう言うと、女性は早速木の幹に近付き、指の先に赤ちゃんリスを乗せながら「チュッチュッツ」と音を出して母リスを呼んでみた。

 母リスはいつも餌をくれる女性を認識しており、すぐに幹をつたって降りて来た。そして女性の手には餌ではない何かが乗っていることに気が付いた。
2_e
image credit: youtube

 母リスは、すこし警戒しながらも、クンクンと赤ちゃんリスのにおいを嗅ぎはじめた。その直後、奇跡が起こった。

 母リスは、赤ちゃんリスを口にくわえて幹の上へと上っていったのだ。
3_e
image credit: youtube

野生の母リス、孤児のリスを受け入れた様子

 子育て中の母リスは、母性に溢れていたのだろう。赤ちゃんリスを受け入れてくれたようだ。

 女性は「やったわ!」と小さく喜びの声をあげ、母リスに向かって「あなたはいいママね。クルミをたくさんあげるから降りてらっしゃい」と声をかけたところで動画は終わっている。

Go ‘nuts’ for this baby squirrel adoption video

小さな奇跡と母リスの優しさに感謝

 この動画は大反響を呼び、女性は後のメディア取材で次のように語っている。
私は、奇跡という言葉をあまり使わないのですが、今回の状況はまさに100%その言葉が適切だと思います。

母リスは時に孤児のリスを受け入れることがあります。私はそれを知っていたので、数日間お世話したものの、元気にならなかった孤児の赤ちゃんリスを野生の母リスに託してみようと、そのチャンスを狙ったのです。

もし、この赤ちゃんリスを母リスが受け入れてくれたら、生存の可能性が高くなるだろうし、またそれを望んでいました。

でも、どんな母親にとっても赤ちゃんを育てるのは簡単なことではありません。母リスの負担を増やすようなことだけはしたくはないという気持ちもありました。

だから、母リスが孤児の赤ちゃんを受け入れてくれた時は、とても嬉しく思いました。きっと、赤ちゃんは生き残ってくれることでしょう。小さな奇跡と母リスの優しさに感謝します。
written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル