top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

車を運転中発作を起こし民家の庭に突っ込んだドライバーを、住人に怒鳴られながらも救おうとした男性(アメリカ)

カラパイア

cover_e0
image credit:PBSO – Palm Beach County Sheriff’s Office/Facebook

 アメリカのフロリダ州で、仕事中の造園家の男性が地域に住むある男性の危機に直面した。

 その男性は、車の中で負傷して深刻な発作を起こしたのを目撃し、衝突を避けるため、体で車を停めようとしたのだが、民家の芝生に入り込んでしまった。

 男性はその家の住人に助けを求めて叫んだが、非情な言葉で怒鳴られただけで助けてはくれなかった。にもかかわらず彼は懸命に助けようとした。

造園家の男性、車で発作を起こした男性の人命救助に尽力

 7月19日、フロリダ州パームビーチ郡で“トニー”と呼ばれる造園家の男性が、近所の庭で仕事をしていた時、走行中の車の運転手が発作を起こしたのを目撃した。

 トニーさんは、咄嗟にその車に走り寄り、自らの体と手で車の動きを止めようとした。深刻な発作を起こしている運転手の男性は負傷しており、衝突を避けるためのことだった。

 車のタイヤが止めようとしていたトニーさんの足を轢いたが、幸いにもトニーさんは鋼のつま先のブーツを履いていたため、怪我はなかった。

 しかし、車はある民家の芝生に入り込んでしまいそこで停止した。

 車の窓は閉まっておりドアもロックされていたためなす術がなく、トニーさんは叫び声をあげて近隣住人に助けを求めた。

 すると、芝生の持ち主である家の住民は、騒ぎを聞きつけても助けの手を差し伸べようとはせず、トニーさんに向かってこのように言い放った。
ウチの芝生からとっとと出ろ!車をどかせるんだ!!死ぬならどこか他の場所で死んでくれ!
 あまりの非情な住民の対応に、トニーさんが悲しんだのは言うまでもない。

 しかし、怒鳴られてもトニーさんはその男性の人命救助に尽力した。トニーさんは発作を起こしている男性に見覚えがあった。

 すぐに男性の自宅へ駆け込んで彼の妻に知らせ、緊急通報した。

 
america-5283296_640_e
pixabay

地元警察がトニーさんの行為を称賛

 その後、男性は一命を取り留めた。

 トニーさんによって救われたことを知った男性は、お礼が言いたいのでトニーさんの連絡先を教えてほしいと、警察に電話をしてきたそうだ。

 そこで、警察はトニーさんに連絡。後日、男性と妻はトニーさんに会って大きなハグを交わし、感謝の気持ちを述べることができたという。

 7月22日、パームビーチ郡警察はFacebookで、トニーさんの行為を賞賛した。この投稿により、住人の非情さも知れ渡ってしまったことだろう。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル