top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大型台風から家族を守る!

防災ニッポン


画像:PIXTA

毎年上陸する台風。自分だけは大丈夫と思い込んでしまいがちです。しかし、今まではたまたま運がよかっただけかもしれません。
台風は幸い進路が予想できるので、事前に備えれば被害を抑えることができます。
今回は、台風の進路や大きさから被害を予想する方法、台風が発生したら事前に心がけておくべきことを紹介します。

台風が発生したら進路予測のために見るべき情報

まずは台風情報の見方を覚えておきましょう。重要なポイントは「台風の強さ」「台風の大きさ」「予報円の大きさ」の3つです。ぜひこの3つを押さえておいてください。1つずつ解説していきます。

参考:
気象庁「台風情報」
気象庁「台風情報の種類と表現方法」

台風の強さ

台風の強さは風の強さによって以下のように区分されます。

強い台風:最大風速が33m/s以上44m/s未満 非常に強い台風:最大風速が44m/s以上54m/s未満 猛烈な台風:最大風速が54m/s以上

広告の後にも続きます

風速とは1秒間に風が進む距離のことで、風速30m/s以上になると走行中のトラックが横転したり、道路標識が傾いたりするほどなので屋外での行動は大変危険です。台風が「強い」以上になっている場合は、風に対する警戒がより一層必要になります。

ここで注意してほしいのは、台風の階級は風の強さで表すため「雨の強さ」とは関係ないことです。雨も1時間あたりの雨量(mm)により「やや強い雨」から「強い雨」「激しい雨」「非常に激しい雨」「猛烈な雨」まで5段階に区分されています。「強い雨」は1時間あたり20mm以上30mm未満でどしゃぶり程度、「激しい雨」だと、1時間あたり30mm以上50mm未満でバケツをひっくり返したように降ることを意味します。つまり強さの階級がない台風でも、大雨による災害が起こる可能性は十分にあります。

特に秋台風は、強さにかかわらず台風本体の雨に秋雨前線の雨が加わり、過去に経験したことがないような大雨災害になるケースも少なくありません。
台風の強さはそれほどではなくても、大雨被害がありうる点に注意してください。

参考:気象庁「台風の大きさと強さ」
参考:気象庁「風の強さと吹き方」
参考:気象庁「雨の強さと降り方」

台風の大きさ

台風は風速15m/s以上の強風域の大きさによって以下のように階級分けされます。

大型の台風:強風域の半径が500km以上800km未満 超大型の台風:強風域の半径が800km以上

強風域とは台風予報(下図参照)上の黄色の円ですが、大きな台風ほど強い風が吹く範囲が広いことを意味します。つまり大きい台風ほど、速度にもよりますが、通り過ぎるまでの影響も長期にわたりやすいことになります。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル