top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

秋を味わう3品を15分で同時調理!ワーママにおすすめ献立レシピ

たべぷろ

2.フライパンを熱し、中火で豚肉を炒める。8割程度火が通ったられんこん、人参を入れ、火が通るまで炒める。

3.めんつゆ・みりんを入れ、汁気が飛ぶまで炒める。

4.ご飯に混ぜ、小ネギを振る。

【きのことわかめのスープ】きのこからも旨みが出て簡単なのに深い味わいに!

【材料】(4人分)
えのきだけ 1/2袋
しめじ 1/3袋
乾燥わかめ 大さじ1
鶏ガラスープの素 大さじ1

【作り方】
1.えのきだけは石づきを落として3等分に切る。しめじは石づきを落とす。

広告の後にも続きます

2.鍋に(1)をほぐしながら入れ、水600mlと鶏ガラスープの素を入れて火にかける。沸騰したら中火にし、火が通るまで1〜2分加熱し、火を止めて乾燥わかめを入れる。

3品同時調理のコツは

切るものはまとめて切っておいて、フライパンは洗わず次の料理に使えるようにしていけば洗い物も最低限で済み、スープと同時調理15分で完成します。

炒めた具材やサラダ、わかめを入れる前のスープも作り置きしておけるので、当日温めて出す、ということもできますよ。

<作り方の手順>

1.さつまいも・ご飯を炊く。

2.サラダ(ベーコン)・混ぜご飯(れんこん・人参)・スープ(しめじ・えのきだけ)の材料を切る。

3.さつまいもサラダのベーコンを炒める。

4.同じフライパンで混ぜご飯の具を炒める。

5.別のコンロでスープを作る。

6.(ご飯が炊けたら)サラダを和える・ご飯を混ぜる。

完成!

【働くママへのエール】簡単でも旬を伝えられる食卓に!

毎日、毎度、旬を意識した食卓は難しいですよね。毎日仕事に育児に忙しいので市販のものに頼る日、アレンジする日、旬のものを簡単に料理する日、いろいろあっていいと思います。

これから迎える秋、炊き込みご飯もとても美味しいですが、混ぜご飯にすると旬の野菜のおいしさ、お肉から出る旨み、新米のおいしさをそれぞれすべて味わうことができます。

年中売っていても、旬の時期を迎えた野菜はおいしく、栄養価も高く、お財布にも優しい、といいことづくめです。

旬でない素材を一生懸命手間ひまかけておいしく仕上げるより、シンプルな調味料や簡単な作り方でも、旬の野菜を使えば素材そのものがおいしいので、それだけで十分おいしく仕上がります。

今回ご紹介したレシピで旬の素材の力を借りて家族で季節を感じ、お子さんにも旬を伝えながら食卓を囲んでもらえたらと思います。

(キッズ食育マスタートレーナー・子どもの食育料理研究家 増田陽子 @yokomsd)

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル