top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

今月の少女(LOONA)、親会社と日本企業との経営紛争が今も継続中?

韓流大好き

ガールズグループ今月の少女(LOONA)の所属事務所Blockberry Creative(以下、Blockberry)が、経営権紛争に巻き込まれているという。


12名のメンバーを所有する今月の少女は、韓国内外で人気を得ているグローバルスターだ。

きっかけは2017年


事の始まりは2017年、日本のIT企業「株式会社DONUTS」がPolarisエンターテインメントと芸能人志望者のためのオーディションアプリ制作のためブランディング契約を締結したことから始まった。

2019年、訴訟を提起し勝訴


契約期間は2018年10月28日に終了しているのだが、契約期間中円滑に事が進まなかったとして「株式会社DONUTS」は2019年に「Polaris」を相手取り、保証金返還訴訟を行った。これにより法院から「Polaris」に、保証金と利子を返還せよとの判決が出た。

返還なし、連帯保証人も責任果たさず


だが「Polaris」は法院の判決にも関わらず、現在まで保証金と利子の返還をしていないという。連帯保証人となっていたアカデミー代表のイ・ジョンミョンも財産がないという理由でその責任を果たしていない。

これにより、「株式会社DONUTS」はイ・ジョンミョンの金銭債権を保存するため、イ・ジョンミョンの妻であり現在の「Blockberry」代表理事であるキム・ソネが保有する株をイ・ジョンミョンの名義に戻す訴訟を提起した。

対応する素振りを見せない代表


「株式会社DONUTS」が提起した訴状によると、Blockberry株はイ・ジョンミョンが妻キム・ソネに名義信託したものであり、株の実質的所有者はイ・ジョンミョンだと主張。「株式会社DONUTS」はイ・ジョンミョンが株式名の信託契約を解約してBlockberry株主名簿上の名義書き換え手続きを履行し、実質的な名義人をイ・ジョンミョンの名義に変更することを要求している。

だがイ・ジョンミョンはこれを履行していない。これに「株式会社DONUTS」は債権者としてイ・ジョンミョンの責任財産を保全するため、イ・ジョンミョンに対しこの事件の株式に関する名義書き換えを請求。

「株式会社DONUTS」の訴訟が認容された場合、キム・ソネ代表理事の株式はすべてイ・ジョンミョン名義に転換される。これはキム・ソネが保有するBlockberryの持ち分に相当な影響を与えると予想されている。

罪のない所属アーティストも巻き込んでしまっている今回の件。事務所にはしっかりと義務を果たし、アーティストの活動の足かせとならないよう尽力してもらいたい。


TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル